こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

教科「日本語」の推進

更新日:平成24年6月11日

ページ番号:0020629

教科「日本語」の推進について

世田谷区では、平成19年度から、区立小学校・中学校全校において、教科「日本語」を実施しています。

教科「日本語」では、次の3つをねらいとしています。

  1. 深く考える力を育成する。
  2. 自分の考えや思いを表現する力、コミュニケーション能力を育成する。
  3. 日本文化を理解し大切にして、継承・発展させる力・態度を育成する。

小学校では、週に1時間の授業を行い、短歌、俳句、古文、漢詩、論語、近代詩などを音読したり、朗唱したりする活動を通して、日本語の美しい響きやリズムを楽しむ学習を行います。また、地域に伝わる民話や世田谷区の地名の由来や、日本の伝統文化などについて学んだり、調べたりする活動を行います。

中学校では、週に1時間の授業を行い、教科「日本語」の3つのねらいに応じて、次の3つの領域を設置しています。

  1. 深く考える能力・態度を育成することを中心とする「哲学」領域
  2. 自己の考えや思いを表現し、コミュニケーション能力を育成することを中心とする「表現」領域
  3. 日本文化を理解し、継承しようとする態度を育成することを中心とする「日本文化」領域

(補足)
平成16年12月の世田谷「日本語」教育特区認定をご覧ください。

日本語支援員制度

地域の人材を活用して、着物の着付けや茶道、華道等の専門的な知識が必要な授業を行う際の支援を行っています。

教科用図書の有償頒布

教科「日本語」教科用図書の写真
教科「日本語」教科用図書

世田谷区教育委員会発行の教科「日本語」教科用図書は、小学校児童用として低学年用、中学年用、高学年用の3種類、中学校では段階的な導入を図るために、哲学、表現、日本文化の領域ごとに3種類の計6冊で構成されています。いずれも、区政情報センター(世田谷区民会館1階)にて有償頒布しています。

価格

  1. 日本語一・二年 単価463円
  2. 日本語三・四年 単価515円
  3. 日本語五・六年 単価515円
  4. 教科日本語哲学 単価463円
  5. 教科日本語表現 単価463円
  6. 教科日本語日本文化 単価515円

【いずれも消費税込み】

 教科「日本語」の検証・検討結果について

  平成19年度から全小・中学校において区独自に進めている教科「日本語」の取組について、平成28年度に、教科「日本語」検証・検討委員会にて検証・検討の結果を報告書にまとめました。内容は添付ファイルをご覧ください。

(補足)PDFファイルはご利用環境によっては必ずしも音声読み上げソフトに対応しておりませんので、内容について詳しくは教育指導課へお問合せください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

教育政策部 教育指導課

電話番号03-5432-2706

ファクシミリ03-5432-3041

トップページへ戻る

このページのトップへ