こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

区立保育園延長保育(月ぎめ利用)申し込み

更新日:平成29年9月1日

ページ番号:0005736

世田谷区在住の方で、月12日以上(週3日以上)必要とする方を対象とします。

1.申込みの手続き

延長保育(月ぎめ)申込書に保護者の勤務証明書等必要書類を添付し、お住まいの地域を担当する各総合支所生活支援課の窓口に申し込んでください。(郵送不可)
(注意)入園後は、必要書類がすべて揃っているときに限り、在園している保育園でも受け付けています。

世田谷区在住で区外園の延長を希望する場合は、世田谷区に申し込みすることはできません。各区市町村にご確認ください。

 必要書類及び「保育のごあんない(平成30年度用)」は、お近くの認可保育園、各総合支所生活支援課、保育課、出張所、まちづくりセンターにあります。また、下記添付ファイルより印刷することができます。印刷する際は普通紙でお願いします。

2.選考その他

  • 希望者の数が延長保育(月ぎめ)の定員を超えた場合は、指数の高い方から内定します。
  • 延長保育(月ぎめ)を決定したときは、「延長保育承諾書」をお送りします。
  • 定員に空きがなく、延長保育(月ぎめ)が利用できないときは、最初の入園希望月についてのみ「延長保育待機通知書」をお送りします。
  • 延長保育(月ぎめ)を利用していても、必要がなくなったときや利用が3か月続けて12日未満の場合は、スポット(日ぎめ)利用にきりかえてください。また、産休、育休に入ったときは一度、辞退していただき、必要に応じて、スポット(日ぎめ)利用を申込んでください。
  • 延長保育(月ぎめ)の定員は園により異なります。
  • 世田谷区から転出された場合は、利用ができなくなります。

3.延長保育料

下記添付ファイル「保育料・延長保育料一覧表」のとおり。

(注意)
 通常の保育料を口座振替でお支払いの方は、延長保育料も口座振替となります。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

保育認定・調整課 入園担当

電話番号5432-1200

ファクシミリ5432-1506

トップページへ戻る

このページのトップへ