こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

おでかけひろば整備・運営事業者の募集について(平成30年度開設分)

更新日:平成29年11月24日

ページ番号:0142276

お知らせ:事業者向け説明会は11月21日に終了しました。当日の質疑概要はこちらです。

世田谷区では、「第2期世田谷区子ども計画(平成27年度~36年度)」に基づき、未就学(主に0~3歳)のお子さんと保護者が気軽に集い、交流や子育ての相談等ができる「おでかけひろば」の計画的な整備に努めています。

平成30年度以降に開設するおでかけひろばの整備・運営を行う事業者を募集します。

おでかけひろばを区内で整備し、運営を行う事業者を募集します。選定された事業者には、区の補助制度が活用できます。

【募集期間(参加表明書提出期間)】平成29年11月1日(水曜日)~平成29年12月13日(水曜日)(必着)

所定の参加表明書を子ども家庭課子育て支援担当(区役所第1庁舎5階)へ持参または郵送してください。

【応募書類提出期限】平成30年1月22日(水曜日)正午まで ※応募表明書提出済団体のみ受領します。

【補助上限額】(1)週3~4日開設の場合、年額378万5千円、(2)週5日開設の場合、年額464万円、(3)週6~7日開設の場合、年額549万3千円、(4)開設準備経費は、1か所につき100万円、(5)その他加算事業有

※平成29年11月1日現在

【選定方法】選定委員会により審査し、整備・運営事業者を選定します。

【選定結果】全ての応募事業者に対し、平成30年2月16日(金曜日)(予定)に文書で通知します。

詳しくは、募集要項をご覧ください。※昨年度からの変更点はこちらをご覧下さい。

整備時期及び整備数

【整備時期】平成30年度中に開設が見込まれるもの

【整備数】4箇所程度

上記か所数のうち2箇所は、おでかけひろば空白地に対する整備とするほか、残る2箇所についてもおでかけひろば空白地域を優先します。

整備数の考え方についての詳細は、こちらのページをご覧ください。

事業者募集説明会

おでかけひろば整備・運営事業者を募集するにあたり、以下のとおり説明会を実施します。

【日時】平成29年11月21日(火曜日)午後3時~5時

【会場】子ども・子育て総合センター 3階研修室(世田谷区宮坂3-15-15)

【申し込み方法】平成29年11月15日(水曜日)正午までに説明会参加申込書をFAXで子ども家庭課へ送信。

※送信後は確認の電話をしてください。

おでかけひろば向け空き家・空き室情報等をお寄せください。

今後も計画的におでかけひろばを整備していくため、次年度も引き続き募集することを予定しています。

世田谷区では、区内にある空き家等の地域貢献活用を目的とした相談窓口を開設しています。

つきましては、おでかけひろばに活用できる物件についても情報提供をよろしくお願いします。

情報提供に関する詳細は、リンク先をご確認ください。

【おでかけひろばの要件】(募集要項・おでかけひろば実施要綱を参照)

 ア 実施場所

  • 公共施設内のスペース、商店街の空き店舗、学校の余裕教室、子育て支援のための拠点施設、保育所、民家、マンション又はアパートの一室等、子育て親子が集うに適した場所で実施すること。
  • 複数の場所で実施するのではなく、拠点となる場所を定めて実施すること。
  • 戸建て住宅の一部において実施する場合には、延べ面積の1/2以上を居住の用に供し、かつ、事業の用途に供する部分の床面積の合計が50平方メートルを超えないこと。
  • 耐震について

昭和56年6月以降の建物(木造住宅含む)については、建築確認済証もしくは検査済証の確認ができること。昭和56年5月31日以前に着工した建物については、下記の耐震基準を満たしていること。

≪耐震基準≫

鉄筋コンクリート造、鉄骨造、その他  Is値おおむね0.7超え

木造 Iw値おおむね1.1超え

※現状の耐震性能が不明な場合は耐震診断が必要となります。また、基準を満たさない場合には耐震改修が必要となります。

  • 消防について

戸建て住宅の一部以外で実施する場合は、応募前に管轄消防署(P.13一覧参照)に対し、実施内容(おでかけひろば内での一時預かりを実施する場合はその内容を含む。)や図面などを元に事前協議を行い、必要な届出を行うなど、その指導内容に従うこと。

  • ユニバーサルデザイン(ユニバーサルデザイン推進条例の遵守)について

実施する施設の延面積や用途によって対応(緩和措置)が異なる場合がある。応募書類を元に区が確認し、必要に応じ是正を指示するので、事業開始までにその指示内容に従うこと。

詳しくは、こちらのホームページをご確認ください。

確認例)おでかけひろば事業の延面積100平方メートル未満で、兼用住宅でない場合

○出入り口の幅を80cm以上とし、段差を設けていないこと

○車イス使用者が利用できるトイレが設置されていること

○敷地内の通路の幅を120cm以上とし段差を設けていないこと

イ スペース及び設備

  • おでかけひろばのスペースは、おおむね10組の子育て親子が一度に利用しても差し支えのない程度以上の広さを有する専用のスペースを確保すること。
  • おでかけひろばには、授乳コーナー、流し台、ベビーベッド、遊具その他乳幼児を連れて利用しても支障が生じないよう必要な設備を設置すること。

    ※授乳コーナーは、親子が安心して授乳できるスペースが確保されていれば可

    ※ベビーベッドそのものの設置が難しい場合は、乳幼児の安全が確保されていれば、子ども用布団等での対応も可

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

子ども・若者部 子ども家庭課

電話番号03-5432-2569

ファクシミリ03-5432-3081

トップページへ戻る

このページのトップへ