こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

「うままちプロジェクト」寄附金募集のご案内

更新日:平成30年8月8日

ページ番号:0160188

枠

 平成28年度に策定した、「馬事公苑界わいまちの魅力向上構想」に基づき、馬事公苑界わいのサイン整備を
 はじめ、ハード面やソフト面のまちなみ整備を進めるにあたり、地域特性などを活かしながら進めていく取り組み
 全体を「うままちプロジェクト」と題し、推進しています。
   この「うままちプロジェクト」に皆さまからの寄附をお願いします。

  馬事公苑界わいまちの魅力向上構想(世田谷区のホームページ)新しいウィンドウが開きます)

  PR誌「うままち」新しいウィンドウが開きます)

けやき

     

枠

寄附の目標金額

  最寄り5駅から馬事公苑までのサイン整備など 2,500万円
   平成29年度に策定した、馬事公苑界わいサイン整備計画では、界わいとの調和を基本として、最寄り5駅から
 馬事公苑までのルート上に案内サインや路面サインを設置することとしています。
  馬事公苑界わいサイン整備計画(世田谷区ホームページ)新しいウィンドウが開きます)

  

サイン整備

 

寄附に対する記念品(限定800枚)

 1口3万円以上の寄附をしていただいた方のうち、希望される方には、製作する蹄鉄入りの平板ブロックにお名前
 を刻印し、馬事公苑界わいの道路・公園等に敷設いたします。 
  ※敷設枚数に限りがあるため、お名前入りの平板ブロックは800枚限定とさせていただきます。
  より多くの方に本企画にご参加頂きたいため、記念品は5枚を上限とさせていただきます。
  例えば、6万円の寄附の場合は記念品は2枚、20万円の寄附の場合は記念品は5枚が上限となります。

heiban  

↑平板ブロックイメージ(平板ブロックの詳細デザインは、平成30年度に決定します。)
  大きさは縦横30cm、厚さ6cmで、JRA日本中央競馬会より譲り受けた蹄鉄を表面の中央部に1つ埋め込み、
  平板ブロックの一部分に寄附者のお名前を刻印したプレートがつく予定です。

1 記念品に関する留意事項

  1. 敷設した平板ブロックは、管理上支障が生じた場合、区の判断にて、撤去・処分を行う場合がありますので、
    予めご了承下さい。
  2. 記念品(800枚限定)は、ご寄附の入金先着順となります。
    ※寄附金の入金確認後に、お名前刻印の対象となられた方には、その旨をご連絡差し上げます。
  3. 平板の敷設場所のご希望は承れませんので、ご了承下さい。

2 お名前刻印の表記方法

  1. 表記可能なお名前は、原則寄附申出者ご本人のお名前です。
    (ご家族との連名は、表記可能文字数の範囲内で表記が可能です。)
  2. 文字の大きさは、1文字約20mm四方の枠に収まるサイズとします。
  3. 1枚の平板に刻印可能な文字数は、最大21字です。
  4. 使用可能な字体は漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字を基本とします。
    (※旧字体の場合、制作上対応出来かねる場合はご連絡をさせていただきます。)

寄附の募集期間

 平成30年6月15日(金曜日)から平成30年10月31日(水曜日)
   寄附は、以下の1または2の方法により、お申し込みください。
   ※入金頂いた寄附金は、いかなる理由においても返金はできませんのでご注意下さい。

1 寄附申出書の提出による申込(郵送、ファクシミリ、持参)

「うままちプロジェクト」寄附金募集のご案内チラシは世田谷区内の出張所、まちづくりセンター、図書館、都市
デザイン課窓口等で配布しています。

【チラシがお手元にある場合】
  チラシ内の寄附申出書(はがき)に必要事項を記入の上、投函して下さい。

【ファクシミリの場合】
  寄附申出書(下記添付ファイル)を印刷し、必要な事項を記入のうえ、都市デザイン課へ送信ください。
  手続き完了後に、区より納付書(振込用紙)を寄附申出人宛てに送付いたしますので、納付書と寄附金を銀行
 や郵便局など指定金融機関窓口にお持ちになり、納付してください。(手数料無料)

【持参の場合】
  寄附申出書(下記添付ファイル)を印刷し、必要事項を記入のうえ、都市デザイン課窓口(世田谷区役所
 第3庁舎プレハブ2階26番)へ、寄附金とあわせてご提出ください。(手数料無料)
 ※都市デザイン課窓口での受付は、上記募集期間のうち土日祝日を除く平日の9時から17時までとなります。
 ※寄附申出書は、窓口にも用意しております。

2 インターネットサイト「ふるさとチョイス」ガバメントクラウドファンディングのページからの申込
  (平成30年6月15日午前10時より利用ができます)

  次のリンク先より、お申込ください。ご自宅のパソコンからいつでも簡単に、お申し込みから納付までインター
 ネット経由で手続きが完了します。クレジット決済による寄附ができます。(手数料無料)

 「ふるさとチョイス」ガバメントクラウドファンディング世田谷区のページ新しいウィンドウが開きます)

寄附された方の税制上の優遇措置等について

【区への寄附金は、寄附金控除(ふるさと納税)の対象となります。】

所得税及び住民税の寄附金控除の適用を受けることができます。

※ 寄附金控除の詳細は、次のリンク先をご覧ください。

 寄附金税額控除について

 総務省ふるさと納税ポータルサイト新しいウィンドウが開きます)

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは、給与所得者等で確定申告が不要な方が寄附(ふるさと納税)を
 した場合、寄附を受けた地方公共団体から住民税を課税する地方公共団体に寄附金控除の連絡を寄附者
 に代わって行うことを要請できる制度です。この場合、所得税分および住民税分の控除額は全額住民税より
 控除されます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用できる方

以下の条件をすべて満たす方が対象となります。

  • 確定申告書または特別区民税・都民税(住民税)申告書を提出する必要のない方
  • 寄附先が5団体以内の方
  • 所得が給与所得・年金所得のみの方 

ふるさと納税ワンストップ特例制度の手続き

 「寄附金税額控除に係る特例申請書」を各寄附先の地方公共団体に提出してください。申請書の記入方法
 につきましては、寄附先の地方公共団体にご確認ください。

詳しくは、「ふるさと納税ワンストップ特例制度の流れ」、「総務省ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。

(注意)次のいずれかに該当する場合、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の対象外となります。

  • ふるさと納税ワンストップ特例制度を申請した方が、その後確定申告または住民税の申告を提出したとき
  • 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を6団体以上に提出したとき

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号03-5432-2028

ファクシミリ03-5432-3084

トップページへ戻る

このページのトップへ