こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

みどりのクイズ

更新日:平成29年3月31日

ページ番号:0032755

クイズに答えて世田谷区のみどりにくわしくなろう。

答えとせつめいは、最後にあります。がんばって最後まで答えてね。

けやきの木の写真
問題1 世田谷区の樹

問題1 世田谷区の樹はどれでしょうか。

(1)ニレ (2)ケヤキ (3)クヌギ

問題2世田谷にある渓谷は何という渓谷でしょうか。

 (1)等々力渓谷 (2)鳩ノ巣渓谷 (3)秋川渓谷 

問題3 世田谷区で一番はじめにできた公園はどれでしょうか。

 (1)世田谷公園 (2)世田谷新町公園 (3)世田谷城阯公園  

問題4 みどりの日はいつでしょうか。  

(1)5月4日 (2)1月7日 (3)3月3日  (4)5月5日 (5)7月7日 (6)9月9日                                        
 

みどり33シンボルマーク
問題5 「世田谷みどり33シンボルマーク」

問題5世田谷区が2032年までに達成を目指している

みどり率は何パーセントでしょうか。

「世田谷みどり33」を合言葉にみんなで協力しようと

シンボルマークにもなっています。

(1)20パーセント (2)50パーセント  (3)33パーセント

                          

問題6 世田谷の花はサギソウですが、次の植物で本当にあるのはどれでしょうか。

(1)ツルソウ (2)トキソウ (3)カモソウ

問題7 秋の七草でないのはどれでしょうか。 

(1)クズ (2)ハギ (3)ヒガンバナ

問題8 お正月の飾りに使われます。冬も葉は緑色をしています。葉の形は細く針のようです。 

マツボックリのなった松の写真
問題8 この木の名前は何かな

この木の実は、木の名前にボックリをつけて呼ばれます。何という木でしょうか。

(1)ツバキ (2)タケ (3)マツ 

問題9 世田谷区内の緑道で一番距離が長いのはどれでしょうか。

(1)烏山川緑道 (2)北沢川緑道 (3)呑川緑道

問題10世田谷区内の公園で田んぼを見ることができる公園はどこでしょうか。

(1)世田谷城址公園 (2)次大夫堀公園 (3)二子玉川公園

問題11 カブト虫が集まる木はどの木でしょうか。

(1)スギ (2)イチョウ (3)クヌギ

問題12 ギンナンは何の木の実でしょうか。

(1)イチョウ (2)クルミ (3)ウメ

木になるギンナンの写真
問題12 ギンナンがなった木

 


 

問題13 世田谷区の鳥「オナガ」は、どの鳥の仲間でしょうか。 

オナガの写真
問題13 オナガはどの鳥の仲間かな

グェーイ、グェイグェイグェイ と鳴きます。鳴き声から連想してください。

(1)カラス (2)スズメ (3)メジロ

問題14 世田谷区内立の公園はどれでしょうか。

(1)馬事公苑 (2)駒沢公園 (3)羽根木公園

 

 

 

 

 

問題1から8の答えと説明

問題 答え     解説
1 (2)ケヤキ ケヤキは、日本を代表(ダイヒョウ)する広葉樹(コウヨウジュ)で、空に向かって扇(オウギ)を広げたように実に美しい樹形(ジュケイ)をしています。高さは数十メートルにもなります。
2 (1)等々力(トドロキ)渓谷 等々力(トドロキ)渓谷(ケイコク)は、東京23区内で唯一(ユイツ)の渓谷です。等々力駅から歩いて5分で渓谷にたどりつきます。渓谷の中は谷沢川(ヤザワガワ)に沿って散策路(サンサクロ)が整備(セイビ)され、たくさんの樹木を見ることができます。都会(トカイ)の中のオアシスとして、東京都の名勝(メイショウ)にも指定されています。
3 (2)世田谷新町公園  世田谷新町公園は、昭和12年に世田谷で最初の公園として開園しました。昭和15年には、世田谷城阯(セタガヤジョウシ)公園が開園しました。世田谷公園は、昭和34年に開園しました。
4 (1)5月4日 (1)のみどりの日は、自然に親しむとともに、その恩恵(オンケイ)に感謝(カンシャ」)し、豊かな心をはぐくむ日として法律(ホウリツ)で制定(セイテイ)されました。2007年に、それまで4月29日だった「みどりの日」が「昭和の日」になったので、5月4日に変更(ヘンコウ)になりました。

(2)から(6)は昔から、四季(シキ)のある日本で親しまれた季節の行事です。その季節の代表的な草花と結びついた行事になっています。五節句と呼ばれています。(2)の1月7日は「七草(ななくさ)」です。春の七草としてうたわれる若菜(ワカナ)を「七草がゆ」にして食べます。(3)の3月3日は桃の節句です。ひな人形を飾り、女の子の成長を願ったことから「ひなまつり」と呼ばれます。(4)の5月5日は端午(たんご)の節句です。菖蒲(ショウブ)を飾り、菖蒲湯(ショウブユ)に入ります。空に泳ぐこいのぼりは、男の子の成長を願ったものです。現在は「こどもの日」として休日になっています。(5)の7月7日は七夕(たなばた)です。笹(ササ)を飾り、葉に短冊(タンザク)を結び(ムスビ),願い事をかける行事です。古く平安時代(ヘイアンジダイ)から行われていました。皆さんも、きょうは「おりひめとひこぼし」が会えるかな、と夜空を見上げてみてください。(6)の9月9日はキクの節句です。キクはサクラと並んで、日本を代表する花です。菊の花の料理や、大人は菊(キク)の花びらを浮かべたお酒を飲んで、長寿(チョウジュ)や健康を願います。菊を見るイベントや菊で人形を作るなども各地でおこなわれます。

5 (3)33% 世田谷区は区制100周年を迎える2032年(平成44年)に、33%のみどり率を目指しています。

みどりには、木や草、野原や山だけではなく、川や畑も入ります。みどりは動物や鳥や虫やサカナたち、すべての生き物の家やエサや遊び場です。皆さんの家や学校のまわりに、どんなみどりがありますか。考えてみましょう。

そこには、どんな生き物が何をしているのか、考えてみましょう。

みどりが少なくなると、気温がどんどん上がり、草や木が枯れ、水も食物も少なくなり、いま世田谷に住んでいる生き物は死んでしまうか、どこかに逃げていきます。皆さんも、昼間はあつくて外であそべなくなり、おふろやシャワーを毎日つかえなくなるかもしれません。ほかにも色々なこまったことがおこるでしょう。どんなことがおこるか、皆さんで考えてみましょう。

みどりは、かんたんになくなってしまいます。そして、なくなったらすぐに元にはもどせません。どうして、すぐに元にもどせないのかも考えてみましょう。

どうしたら、今あるみどりを守れるのか。ふやせるのか。皆さんは何をすればいいのか。何ができるのか、考えてみましょう。そして、それをやってみましょう。

皆さん、「区の面積の3分の1をみどりにする」ことを「世田谷みどり33」を合言葉にして、今あるみどりを守ること、新しくみどりを増やすことに取り組んでいきましょう。

6 (2)トキソウ トキソウは、ランの仲間で、明るい湿地(シッチ)に生育しています。きれいなピンクの花の色がトキという鳥の羽の色のようなので「トキソウ」と名前がつきました。5~7月頃に花が咲きます。
7 (3)ヒガンバナ 秋の七草(ナナクサ)は、萩(ハギ)、尾花(ススキ)、葛(クズ)、撫子(ナデシコ)、女郎花(オミエナシ)、藤袴(フジバカマ)、桔梗(キキョウ)です。春の七草もおぼえておきましょう。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロです。1月7日に七草がゆに入れて食べます。秋の七草はほとんど食べられません。  
8 (3)マツ 1年中うつくしい緑色の葉をつけているので、永遠(エイエン)のシンボル、神聖(シンセイ)な木とされました。日本を代表する木の一つです。お正月の飾りは、門松(カドマツ)やマツ飾りと呼ばれます。タケといっしょに飾られることも多いです。

 

問題9から14の答えと説明

問題 答え 解説
9 (1)烏山川緑道 1番長い烏山川緑道(カラスヤマガワリョクドウ) は6,990メートルです。次に4,259メートルの北沢川(キタザワガワ) 緑道、呑川(ノミガワ) 緑道は1,091メートルです。
10 (2)次大夫堀(ジダユウボリ)公園 次大夫堀(ジダユウボリ)公園 は、少しでも昔の農村(ノウソン)の風景(フウケイ)をよみがえらせたいと誕生した公園です。春には、田んぼで田植え(タウエ)が行われ、秋の収穫(シュウカク)までイネが育つ様子(ヨウス)が観察できます。秋にコガネ色に実った稲穂(イナホ)がこうべをたれれば、稲刈り(イネカリ)の時期(ジキ)です。田んぼには、オタマジャクシやトンボなどの生き物がたくさん観察できます。また、公園の中には、江戸時代(エドジダイ)の農家(ノウカ)の建物(タテモノ)や土蔵(ドゾウ)があり、昔の農家(ノウカ)の生活を学ぶことができます。
11 (3)クヌギ カブトムシの成虫(セイチュウ)は、木のしるのよく出るクヌギの木に夕方から朝にかけて集まります。他には、コナラの木にも集まります。
12 (1)イチョウ イチョウにはオスの木とメスの木があります。ギンナンの実がなるのはメスの木だけです。東京都の木になっています。秋に黄色く色づく葉はとてもキレイです。
13 (1)カラス 青くてきれいな鳥なのですが、実は真っ黒なカラスと同じ仲間です。グェーイ、グェイグェイグェイという決して美しくない、けたたましい泣き声を聞くと納得(ナットク)です。
14 (3)羽根木公園 羽根木(ハネギ)公園は約650本の梅林(バイリン)と梅(ウメ)まつりで有名ですが、それ以外にもサクラ、イチョウなど季節ごとの花や樹木(ジュモク)に囲まれた世田谷区立の公園です。 駒沢(コマザワ」)公園は世田谷区と目黒区にまたがるとても広い都立公園です。

このページにはオープンデータを掲載しています

このページに掲載している添付ファイルは、オープンデータとして使用可能です。

なお、世田谷区では、本区が公開するオープンデータの利用に際して遵守すべき事項をまとめた世田谷区オープンデータ利用規約を定めており、本区のオープンデータのご利用をもって、当該規約の内容を承諾いただいたものとみなします。当該規約の内容は必要に応じて事前の予告なしに変更することがありますので、ご利用に際しては、最新の内容をご確認ください。

オープンデータせたがやのロゴ

ライセンスの取扱い

本サイトで公開しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1のホームページ新しいウィンドウが開きます)

当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い(著作権・リンク・免責事項)に準じてください。

 

 

このページについてのお問い合わせ先

みどりとみず政策担当部 みどり政策課

電話番号03-5432-2281

ファクシミリ03-5432-3083

トップページへ戻る

このページのトップへ