こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

雨水タンクに関する助成制度(補助金、助成金)

更新日:平成30年4月1日

ページ番号:0032894

設置をご検討の方は事前にご相談下さい

助成を受けるには、事前申請が必要です。事後申請は助成対象外となります。必ずタンクの購入・設置前にご相談ください。

雨水タンクについて 

雨水タンクイメージ

雨水タンクとは、屋根に降った雨水を貯めて、必要な時に利用することができるタンクのことです。

雨水タンクを設置することにより、大雨時に雨水が下水道管や河川へ一気に流入することを抑制できるため、道路の冠水や河川の氾濫の抑制にも繋がります。また、花の水やり、庭の散水、洗車や掃除などに有効利用できます。


ひとつひとつのタンクの大きさは限られています。しかし、より多くの区民の方々にタンクを設置していただくことによって、「世田谷ダム」が完成します!!

世田谷ダムのイメージ

世田谷ダムのイメージ(画像をクリックすると大きく表示されます)


助成制度について

世田谷区では、平成22年7月に「世田谷区雨水流出抑制施設の設置に関する指導要綱」を制定し、少しでも多くの雨水を貯留・浸透させるように取り組んでいます。取組みのひとつとして助成制度を設け、区民の皆様へ雨水タンクの設置をお願いしています。

主な条件

  • 世田谷区内で建物に雨水タンクを設置するかた

次の方は対象外です

  • 国、その他地方公共団体、その他区長が指定する公共的団体
  • 雨水流出抑制施設の設置が義務付けられている建築主(世田谷区建築物の建築に係る住環境の整備に関する条例の許可が必要である建築主)
  • 売買等を目的とした建物に設置する不動産業者、建設業者等

助成対象となる雨水タンク

  • 屋根に降った雨水を一時貯留するもの
  • 市販されているもの 
  • 1建物に対して1基まで

助成額

  • 本体購入費、設置経費のそれぞれ2分の1の額(100円未満切捨て)
  • 上記をあわせた助成金の上限額は35,000円(ただし、設置経費の上限額は5,000円)

手続きの流れ

 1.事前相談

助成制度のご案内、申請書等をお渡しします。

 2.申請書提出

適用申請書(第1号様式)に必要事項を記入し、提出してください(持込または郵送でも可)。

  • 適用申請書(第1号様式)
  • 見積書(内訳付)の写し
  • 雨水タンクの容量、仕様がわかるもの(カタログ等)

 3.適用決定通知

適用申請書(第1号様式)を受領後、1~2週間ほどで適用決定通知書(第2号様式)が届きます。

通知が届く前にタンクの購入・設置はしないでください。

 4.タンクの購入・設置

適用決定通知書(第2号様式)が届きましたら、雨水タンクを購入・設置して下さい。

 5.完了届提出

設置完了届(第4号様式)に必要事項を記入し、提出してください(持込または郵送でも可)。

  • 設置完了届(第4号様式)
  • 領収書(内訳付)の写し
  • 写真2枚(全景・近景)

 6.現地確認

職員が現地にて設置状況を確認します。

 7.交付決定通知

現地確認後、1~2週間ほどで交付決定通知書(第5号様式)が届きます。

 8.助成金の請求(請求書提出)

交付決定通知書(第5号様式)の内容に基づき、請求書(第7号様式)に必要事項を記入し、提出してください(持込または郵送でも可)。

 9.助成金交付

請求書(第7号様式)を受領後、2週間ほどで助成金が銀行口座に振り込まれます。

申請に関する注意点

必ずタンクの購入・設置前に申請してください。事後申請は助成対象外となります。

見積書及び領収書は、内訳のわかるものを添付してください。内訳が不明の場合、助成金をお支払できません。他の工事と同時に設置する場合にも、雨水タンクの設置に係る費用がわかる書類の提出をお願いします。


雨水の貯留・利用についてのお願い

降雨の予想される前には、より貯留ができるよう、雨水タンク内の水をなるべくなくしていただけると助かります。また、それによってタンク内をきれいに保つことができます。

なお、蚊が発生する原因となりますので、プランターの水受けやジョウロの中に、水を貯めたまま放置しないようお願いいたします。


PR用雨水タンクについて 

世田谷区内の公共施設に、事業のPRのための雨水タンクが設置されています。

新代田まちづくりセンターのタンク
新代田まちづくりセンター
経堂駅高架下のタンク
経堂駅高架下
二子玉川駅タクシーベイのタンク
二子玉川駅タクシーベイ

設置を検討される方は、以下の施設で実物を見ることができます。

世田谷地域

設置場所 所在地
区役所第三庁舎入口前 世田谷4の21の27
区役所城山分庁舎 世田谷4の24の1
経堂駅高架下 経堂1の12の11
経堂地区会館 経堂3の37の13        

北沢地域

設置場所 所在地
新代田まちづくりセンター 羽根木1の6の14
代沢まちづくりセンター 代沢3の27の3
松原まちづくりセンター 松原2の17の36

 烏山地域

設置場所 所在地
烏山区民センター 南烏山6の2の19
給田福祉園 給田5の2の7

玉川地域

設置場所 所在地
世田谷区立心身障害者休養ホームひまわり荘 上用賀5の24の18
九品仏まちづくりセンター 奥沢7の35の4
九品仏生活実習所 奥沢7の39の13
二子玉川駅タクシーベイ 玉川2の21先

砧地域

設置場所 所在地
野川緑地公園ビジターセンター 成城4の29の1
祖師谷まちづくりセンター 祖師谷4の1の23
砧まちづくりセンター 砧5の8の18
船橋まちづくりセンター 船橋4の1の12
鎌田区民集会所 鎌田2の1の24
砧土木公園管理事務所 大蔵4の6の2
成城みつ池緑地 成城4の20の8



このページにはオープンデータを掲載しています

このページに掲載している添付ファイルは、オープンデータとして使用可能です。

なお、世田谷区では、本区が公開するオープンデータの利用に際して遵守すべき事項をまとめた世田谷区オープンデータ利用規約を定めており、本区のオープンデータのご利用をもって、当該規約の内容を承諾いただいたものとみなします。当該規約の内容は必要に応じて事前の予告なしに変更することがありますので、ご利用に際しては、最新の内容をご確認ください。

オープンデータせたがやのロゴ

ライセンスの取扱い

本サイトで公開しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1のホームページ新しいウィンドウが開きます)

当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い(著作権・リンク・免責事項)に準じてください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

土木計画課 河川・雨水対策担当

電話番号03-5432-2365

ファクシミリ03-5432-3026

トップページへ戻る

このページのトップへ