こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

地域風景資産について

更新日:平成28年11月14日

ページ番号:0018466

地域風景資産とは

街の中には、生活や文化が感じられる街並みや、人々が行き交う商店街の賑わいなど、そこに暮らす人々の心に共有され、みんなが誇りと愛着を持っている大切な風景がたくさんあります。

地域風景資産は、このような大切にしたい身近な風景を守り、育て、つくることを目的とし、世田谷区風景づくり条例に基づき選定されたものです。

地域風景資産の選定は、風景づくり活動を生み出すための仕組みです。 風景を大切にしたいという一人一人の想いをきっかけに、地域で大切にしたい風景のために活動する人の輪を広げ、世田谷全体の風景を育んでいくことを目指しています。そのため、資産を選ぶ過程においても、区民があらゆる場面で多くの区民が関わっていることが特徴です。

地域風景資産について

 区内には、86件の地域風景資産があります。平成14年度(第1回選定)に36件、平成19年度(第2回選定)に30件、平成25年度(第3回選定)に20件が選定されました。

地域風景資産の場所は、「せたがや風景MAP」でご紹介しています。

各地域風景資産については、地域ごと(世田谷地域北沢地域玉川地域砧地域烏山地域)にご紹介しています。

風景づくり活動について

地域風景資産は、道、並木、水辺など多岐にわたるため、行われている風景づくり活動も様々です。

現在、54団体が風景づくり活動団体登録を行い、区内で風景づくり活動を行っています。風景づくり活動団体の活動は、上記の各地域風景資産ごとにご紹介しています。

地域風景資産の選定について

平成25年度(第3回選定)の経緯は、第3回地域風景資産の選定をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号03-5432-2039

ファクシミリ03-5432-3084

トップページへ戻る

このページのトップへ