こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

世田谷区建築物安全安心推進協議会

更新日:平成29年4月1日

ページ番号:0020503

1 世田谷区建築物安全安心推進協議会とは

区では、東京都が策定した、東京都建築物安全安心実施計画(平成11年建設省通知により策定)に基づき、検査済証交付率の向上など、建築規制の実効性を確保する取組みを進めてきました。一方、阪神・淡路大震災、新潟中越地震などの大地震、新宿区歌舞伎町雑居ビル火災事故等をうけて、災害に備えた、安全で安心して住み続けられるまちづくりが強く望まれました。そのため、関係行政機関、建築物に関係する事業者および団体等が協働して、違反建築の防止や建築物の安全性の確保とともに、質の向上を図り、安全・安心で快適なまちづくりを推進することを目的として、平成20年10月に「世田谷区建築物安全安心推進協議会」(以下「協議会」という。)を設置しました。
 協議会では、「世田谷区建築安全マネジメント計画」の推進すべき施策に対応する各部会を置き、区と関係団体で役割分担を定め、連携しながら取組みを進めています。

2 世田谷区建築安全マネジメント計画

 平成22年度に国土交通省から「建築行政マネジメント計画策定指針の制定について(技術的助言)」が示され、同年東京都が「東京都建築安全マネジメント計画」を策定したことを踏まえ、区では協議会と協働し「世田谷区建築安全マネジメント計画(平成24年度~26年度)」(平成24年4月)を策定し、安全・安心のまちづくりに取り組んできました。計画の期間中、港区のエレベーター事故、杉並区の飲食店火災、福岡市の診療所火災などが発生し、適正な維持管理による建築物の安全性の更なる向上が求められました。その後、計画の期間終了に併せて、計画の見直しを行い、現在は、「世田谷区建築安全マネジメント計画(平成27年度~平成31年度)」(平成27年4月)により、取組みを進めています。

 世田谷区建築安全マネジメント計画(H27.4.1改正)(PDF形式:57KB)

3 世田谷区建築物安全安心推進協議会規約

 世田谷区建築物安全安心推進協議会規約(H29.4.1改正)改正(PDF形式:250KB)

平成28年4月1日世田谷区組織改正のため、規約変更

4 世田谷区建築物安全安心推進協議会規約施行規則

 世田谷区建築物安全安心推進協議会規約施行規則(H29.4.1改正)(PDF形式:230KB)

 平成28年4月1日世田谷区組織改正のため、施行規則変更

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

防災街づくり担当部 建築安全課 建築安全担当

電話番号03-5432-2477

ファクシミリ03-5432-3043

トップページへ戻る

このページのトップへ