こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

都市計画決定の内容

更新日:平成30年2月22日

ページ番号:0033513

二子玉川東地区のまちづくりの目標

1.新しい生活圏を実現する複合的なまちをめざします。

広域生活拠点のイラスト
広域生活拠点

世田谷区では下北沢、三軒茶屋、二子玉川の3地区を「広域生活・文化拠点」に位置づけ、それぞれの地域の特色を活かしたなかで、適切な土地の高度利用や賑わいのある商業・業務機能の集積を図ります。

2.地域の交通核としてのまちをめざします。

地域の交通核のイラスト
地域の交通核

地区周辺の交通をスムースに処理する道路ネットワークを整備するとともに、交通広場などの交通結節機能を強化します。また同時に、歩車道分離された快適で安全な交通環境を確保することは、災害時にも重要な役割を担うものとなります。

3.水と緑の豊かな自然環境と調和したまちをめざします。

水と緑のネットワークのイラスト
水と緑のネットワーク

国分寺崖線、多摩川など周辺の自然環境と調和のとれた、水と緑あふれる魅力的な都市空間を創出します。 また、あらたに生まれる都市計画公園を含め、”水と緑のネットワーク”形成を図ります。

二子玉川東地区の都市計画の概要

以下の都市計画が二子玉川東地区関連都市計画として、平成12年6月26日に都市計画決定されました。

都市計画一覧
計画区分 計画名称
第一種市街地再開発事業

東京都市計画第一種市街地再開発事業
二子玉川東地区第一種市街地再開発事業

再開発地区計画 東京都市計画再開発地区計画
二子玉川東地区再開発地区計画
都市計画道路 東京都市計画道路幹線街路補助線街路第49号線
東京都市計画道路幹線街路補助線街路第125号線
東京都市計画道路幹線街路補助線街路第329号線
東京都市計画道路区画街路世田谷区画街路第6号線
東京都市計画道路区画街路世田谷区画街路第7号線
都市計画公園

東京都市計画公園第4・4・6号二子玉川公園
東京都市計画公園世田谷第2・2・43号上野毛二丁目公園

用途地域等

東京都市計画用途地域
東京都市計画防火地域及び準防火地域
東京都市計画高度地区

二子玉川東地区第一種市街地再開発事業の概要

公共施設の配置および規模

名称 幅員【全幅員】、延長 備考
放射4号線(幹線街路) 幅員15メートル【30メートル】 延長約160メートル 都市計画道路の拡幅
補助49号線(幹線街路) 幅員16メートル 延長約190メートル 都市計画道路の新設
補助125号線(幹線街路) 幅員11メートル~17メートル【25メートル~27.5メートル】 延長約610メートル 都市計画道路の新設
補助329号線(幹線街路) 幅員16メートル 延長約850メートル
なお、玉川一丁目及び二丁目各地内に約5,800平方メートルの交通広場を設ける。
都市計画道路の新設
区画道路1号(区画街路) 幅員6メートル 延長約50メートル 区道の拡幅
区画道路2号(区画街路) 幅員8メートル~13メートル 延長約120メートル 区道の一部新設
区画道路3号(区画街路) 幅員8メートル 延長約30メートル 整備済
区画道路4号(区画街路) 幅員7メートル 延長約60メートル 区道の拡幅
二子玉川公園 約520平方メートル 都市計画公園(兼用工作物)
街区公園 約2,000平方メートル 新設

建築物の整備

1-a街区 1-b街区 2-a街区 2-b街区 3街区
建築面積 約2,200平方メートル 約9,800平方メートル 約21,700平方メートル 約2,500平方メートル 約18,400平方メートル
建ぺい率 約10分の8 約10分の8 約10分の8 約10分の8 約10分の8
延べ面積

約17,900平方メートル
(容積対象面積 約17,900平方メートル)

約99,200平方メートル
(容積対象面積 約88700平方メートル)

約168,700平方メートル

(容積対象面積 約142,500平方メートル)

約10,000平方メートル

(容積対象面積 約8,000平方メートル)

約121,300平方メートル

(容積対象面積 約94,000平方メートル)

容積率 約10分の60 約10分の66 約10分の52 約10分の24 約10分の37
主要用途 店舗 事務所 店舗 事務所 駐車場 店舗 ホテル 事務所 駐車場 店舗 駐車場 事務所 店舗 駐車場 住宅
建築物の高さの最高限度 中層部 50メートル

中層部 35メートル、60メートル

高層部 85メートル

低層部 20メートル、30メートル

高層部 140メートル

低層部 20メートル

低層部 25メートル

高層部 105メートル、155メートル

建築敷地の整備

1-a街区 約3,000平方メートル
1-b街区 約13,500平方メートル
2-a街区 約27,900平方メートル
2-b街区 約3,500平方メートル
3街区 約25,400平方メートル

合計

約73,300平方メートル
整備計画

敷地内に広場及び歩行者通路を設ける

建築敷地境界より、建物を2,3,4,5メートル後退させて歩道状空地を確保する

住宅建設の目標

戸数 約800戸
面積 約93,100平方メートル

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 市街地整備課 再開発担当

電話番号03-5432-2556

ファクシミリ03-5432-3055

トップページへ戻る

このページのトップへ