こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

せたがや学生ボランティアフォーラム2019

更新日:平成31年4月16日

ページ番号:0165316

このフォーラムは、ボランティアを志す大学生や高校生が“つどい、つくり、つながる”集いです。学生企画によるシンポジウムや分科会、交流の広場・アクションマーケットをとおして、学生同士がボランティアでつながり、出会いの絆を結びあいます。ボランティアって何?どうすれはアクションを起こせる?もっと意味ある活動をなど、楽しく交流し話しあいましょう。

イベント概要

  • オープニング
  • シンポジウム ”私を変える小さな一歩 ~十人十色の物語~”    
    ボランティアに参加する。その一歩を踏み出したことにより、大きく広がった自分の世界。その世界の広がり方は十人十色です。シンポジウムでは個性豊かな3人が、一歩踏み出したことによりどんな世界が広がったかを赤裸々に語ります。
  • 分科会        
    興味・関心のある分野ごとにグループをつくり、ワークショップ等を行います。 詳細は下記をご覧ください。
  • アクションマーケット 
    各大学や地域活動団体ごとにブースを設置し、参加者への取組み紹介、マッチングを図ります。  
                                                                                                                      

*参加者は以下の6つの分科会より、1つの分科会を選び、参加していただけます。
  ※第一希望が通らない可能性もございます。ご了承の上、お申し込みください。

(1) 「ボランティア入門」 ”飛び越えよう!いまのワタシ ~ボランティアで見えてくる新しい世界・新しい自分~”

ボランティアに参加したい!自分を変えたい!と思っているあなた!私達は、そんなあなたの「自分が変わるきっかけ」の扉を開くお手伝いをいたします。みんなで新たな一歩を踏み出しませんか?

(2) 「災害ボランティア」 ”粉骨砕身DAKEJANAI ~一歩先の復興を目指して~”

災害ボランティアと聞いて何を思い浮かべますか?瓦礫撤去?炊き出し・・・?
   テレビなどで取り上げられて災害ボランティアへの期待が高まりつつある今、被災地が求めていることはきっともっとある。直接現地に行くことだけが復興につながるわけじゃない。というかそもそも復興ってなんだ?
  一歩先の復興を、災害ボランティアを、「超」多角的に考えます!

(3) 「ボランティアの可能性」 ”僕らが知らない輪と和 ~出会いから発見。そして、広がる可能性~”

いままでのボランティア活動で、自分はなにをみてきたのだろう、感じてきたのだろう。それは、自分だけのもの。でも、それをとなりの人と話し合ったら、知らなかったボランティアの「カタチ」、新たな知識や、ヒトとの「出会い」、与える側にも与えられる側にもなれる。そこから、ボランティアが広がっていく。考えが深まっていく。まだあなたの知らないボランティアの可能性を掘り起こしてみよう!

(4) 「子ども」 ”子どもの「声」を拾い、大人の「手」を集める ~子どもを社会と繋げるために~”

「子ども」でもない、「大人」でもない。私たち「学生」だからこそ持てる視点があるのではないでしょうか!
   子どもの意見に寄り添い、同じベクトルから社会の問題を見ることによって、子どもが直面しているバリアを見つめます。そのために、子どもの視点、支援する側の視点という2つの観点から考えを深めあいます。社会が抱える問題として子どもを見つめることによって、子どもが社会から孤立されることなく秘められた可能性をいかに引き出せるか、みんなで考え創作しましょう!

(5) 「ボランティアコーディネート」 ”その手で心に火をつける! ~想いをカタチにするお手伝い~”

誕生日会や文化祭などで、どうしたら人が集まるか、当日スムーズに進められるか…なんて考えたことはありませんか?あなたもこんなコーディネートをしたことがあるはず!
   心が動けば人は動く。次は一緒にボランティアのわくわくする仕掛けを作ってみませんか!!!!

(6) 「ワークキャンプ」 ”こんなボランティア、知ってる? ~ココロユレル、ココロオドル。そんな体験をワークキャ
                ンプで~”

ワークキャンプとは、国内や海外の課題のある地域を訪れ、課題解決のお手伝いをする「合宿型ボランティア」のこと。「何か新しいことをしたい」「大学がつまらない」「仲間をつくりたい」「ホームステイをしてみたい」など、参加のきっかけは本当に様々!
   「海外で井戸掘り!?」「大自然の中で農業体験!!」いろんなカタチのワークキャンプ。初めての体験にドキドキする。見たこともないような景色に感動して、仲間との出会いに刺激を受ける。実際に現地を訪れ、肌で感じるからこそ、心が揺れ動く瞬間がいっぱいなワークキャンプ。
   みんなで想いを語ったり、じっくり考えたりしながら、ワークキャンプの魅力を探ります!


※最新情報は↓こちら
Twitter新しいウィンドウが開きます)
Facebook新しいウィンドウが開きます)


開催日時

平成31年(2019年)6月30日(日曜日) 9時~17時

会場

昭和女子大学(東京都世田谷区太子堂1-7-57)

対象者

大学生、専門学校生、高校生

費用

無料

定員

300名(先着順、要事前申し込み)

申込方法

区ホームページより、以下の手順でお申し込みください。

  1. 電子申請のID作成のため、こちらより個人登録をお願いします。
  2. 登録が終わりましたら、下記よりお申し込みください。
    ○パソコンの方はこちら
    ○スマートフォンの方はこちら

または所定の応募申込書(下記の添付ファイルからダウンロード可)を下記提出先に、郵送もしくはファクシミリ
  にて、送付してください。

申込期間

平成31年4月16日(火曜日)から平成31年(2019年)6月9日(日曜日)まで【必着】

提出先

世田谷区 生活文化部 市民活動・生涯現役推進課 まちづくり推進係

〒154-8504 世田谷区世田谷4-21-27  ファクシミリ 03-5432-3005

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

市民活動・生涯現役推進課

電話番号03-5432-2234

ファクシミリ03-5432-3005

トップページへ戻る

このページのトップへ