こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください

更新日:平成30年10月5日

ページ番号:0138886

世田谷区で発生した事例


○平成28年12月、業者を名乗る人物が、「マイナンバーカードの申請は複雑だから、手数料5万円で代行する」という内容の電話をしているようです。マイナンバーカード申請を、業者が代行することはありません。

○平成28年6月頃、男性が自宅を訪問し、「マイナンバーカード(個人番号カード)の申請を受け付ける」と称して、マイナンバーカード申請書を持ち去る事例が発生しました。区職員が自宅を訪問し、マイナンバーカード申請を受け付けることはありません。

○平成28年3月頃、マイナンバーカード申請中の方に対して、区からの通知をよそおい、マイナンバー通知カードや住民票の写し等を郵送するよう求める事例が発生しました。マイナンバーカードの交付にあたり、区が住民票の写しなどの提出を求めることはありません。

○平成27年11月27日、区の課税課を名乗る人物から、「家族構成とマイナンバーを教えてほしい」との電話があり、わからないと答えるとすぐに電話が切れた、という事例がありました。区が、電話で家族構成やマイナンバーをお尋ねすることは一切ありません。

○平成27年11月24日、自宅のパソコンに「マイナンバー確認のお知らせ」という件名のメールが届いた、という事例がありました。
区から、そのようなメールをお送りすることはありません。すぐに削除してください。

 マイナンバーをかたる不審な電話等にご注意ください


○マイナンバーの通知や利用、個人番号カードの交付などの手続で、
・国の関係省庁や地方自治体などが、口座番号や口座の暗証番号、所得や資産の情報、家族構成や年金・保険の情報などを聞いたり、お金やキャッシュカードを要求したりすることは一切ありません。
・ATMの操作をお願いすることも一切ありません。

こうした内容の電話や手紙、訪問には応じないでください。

○電話、メール、訪問などにより、マイナンバーの安全管理対応の困難さなどを過度に誇張した商品販売や不正な勧誘などには十分注意してください。

○マイナンバーの関連であることをかたったメールが送られてきた場合、自分の勤務先など送付者が明らかなものを除き、安易に開封しないよう、注意してください。

○「なりすまし」の郵送物にご注意ください!
・マイナンバーは、「通知カード 個人番号カード交付申請書 在中」、「転送不要」と赤字で書かれた封筒に入って、簡易書留で各世帯に郵送されます。普通郵便でポストに入っていることはありません。また、配達員が代金を請求したり、口座番号などの情報を聞いたりすることもありません。
・個人番号カードの交付申請の返信用封筒には、顔写真や個人情報を含んだ申請書を入れて、返信いただくことにしています。返信用封筒の宛先が「地方公共団体情報システム機構」であるか、ご確認ください。個人番号カードの交付申請書に口座番号などを記載することはありません。

○「あなたの名前やマイナンバーを貸してほしい」といった依頼は詐欺の手口です。こうした手口で、人を欺くなどして、他人のマイナンバーを取得することは法律により罰せられます。なお、不正な提供依頼を受けて自分のマイナンバーを他人に教えてしまっても、刑事責任を問われることはありません。

最近の事例
○警察官を名乗る者から電話があり、「マイナンバーの暗証番号が漏れている」「口座の暗証番号も漏れているようだ」「暗証番号は何番か」「キャッシュカードや通帳を回収して確認する」などと言われ、訪問してきた男にキャッシュカード1枚と通帳2通をだまし取られた。

○国の機関から委託を受けた相談窓口を名乗る者(X)から、「マイナンバーが始まるので調べている。あなたのアドレスが3社に登録されている」と電話があった。3社のうち1社は知らない名前で、「この会社は災害時に家を提供している団体で、このままでは災害時にあなたの家にたくさんの人が押し寄せる。代わりを見つけなければならない」と言われた。Xから別のNPO法人を紹介され、電話すると別の者(Y)が出て「登録番号を教えてほしい」と言われたため、Xから教えられた登録番号をYに伝えた。翌日、Xから電話があり「Yに登録番号を教えたことで、Yは詐欺をしたことになる」と言われ、さらに弁護士を名乗る者(Z)から「名義貸しをしたことになる」と言われた。Xから「後で返すので500万円送ってほしい」と言われ、自宅に取りに来た者に手渡した。その後も複数回にわたり現金を渡してしまった。

その他、関係省庁等からの注意喚起です。
消費者庁、内閣府、警察庁、特定個人情報保護委員会、総務省、国税庁からの注意喚起新しいウィンドウが開きます)
国民生活センターからの注意喚起新しいウィンドウが開きます)
 
ご相談は各窓口まで

不審な電話や訪問等を受けたら 世田谷区消費生活センター 電話 03-3410-6522

※世田谷区在住、在勤、在学の方    

平日 9:00~16:30

土曜 9:00~15:30

消費者ホットライン 電話 188 ※受付時間はお住まいの地域によって異なります
詐欺などの被害に遭われたら 警察 相談専用窓口 電話 #9110 平日 8:30~17:15
マイナンバーが含まれる個人情報(特定個人情報)の取扱いに関する苦情は 個人情報保護委員会 苦情あっせん相談窓口 電話 03-6457-9585 平日 9:30~17:30
マイナンバー制度に関する一般的なご質問は 世田谷区マイナンバー制度コールセンター 電話 03-5713-7428 月~土 8:00~18:00 (祝日及び年末年始を除く)

このページについてのお問い合わせ先

地域行政部 窓口調整・番号制度担当課

電話番号03-5432-2948

ファクシミリ03-5432-3069

トップページへ戻る

このページのトップへ