こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

せたがや農業通信(世田谷の農業の概要)

更新日:平成31年4月1日

ページ番号:0120703

現在、区では、区内の農業振興と農地保全を図るため、「世田谷区農業振興計画」に基づき、国の認定農業者制度や区独自の認証農業者制度の導入など、新たな農業振興施策の展開に取り組んでいます。

区内農業について、詳しくは下部リンク先「せたがや農業通信」をご参照ください。                                              せたがや農業通信

農地の現状

区の農業は、現在23区内では練馬区に次ぐ2番目の規模になっていますが、固定資産税や相続税などの負担が大きい、収益性が低い、後継者の確保が難しい等が原因で年々農地や農家は減っています。

世田谷農業の特徴

区内農家の80%以上は50a(アール)未満の小規模経営のため、多品目の農産物を少量生産し、農家の個人直売所またはJAの共同直売所などで販売する、「地産地消」が農業経営の主流となっています。
  区内で採れた農産物には、「せたがやそだち」ロゴマークを表示しています。お買い求めの際は参考にしてください。

  • 「地産地消」とは…地元で生産した農産物を地元で消費することを言います。
  • 「せたがやそだち」ロゴマークについては、詳しくは下記関連リンク先「せたがやそだち」ロゴマークをご参照ください。

世田谷区の農業関連事業

区では、世田谷農業をPRし理解を深めていただくため、地場産農産物の即売や収穫体験など、区民の方が農業にふれあえる様々な事業を、農家やJAと協力して行っています。

例えば…

  • 区民が収穫を楽しむ「ふれあい農園」
  • 区民が農園主の指導を受けながら農産物を栽培する「体験農園」
  • 区民が自ら農産物を栽培する「区民農園」
  • 区民が日常的に農に触れ、学び、楽しむことのできる「農業公園」

など、区民参加型農業も盛んに行われています。各事業の詳細は、区のおしらせ「せたがや」または区のホームページをご確認ください。 

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

経済産業部 都市農業課

電話番号03-3411-6658

ファクシミリ03-3411-6635

トップページへ戻る

このページのトップへ