こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷区ものづくり企業立地継続支援事業のご案内(平成29年度の募集は終了しました)

更新日:平成29年7月1日

ページ番号:0140590

世田谷区内のものづくり企業が、区内にある工場の操業により生じる騒音、悪臭、及び振動に関して、近隣住民等へ配慮することを目的として工場を改修する場合に、整備に要する経費の一部を助成します。これにより、ものづくり企業の区内での立地継続を支援するとともに、住工共生まちづくりの推進と区内産業の活性化を図ります。

助成対象となる事業者

次の全てを満たす事業者を対象とします。

  1. 世田谷区内に本社又は事業所の登記があり、引き続き1年以上操業する区内中小企業者であること。
  2. 法人の場合は法人事業税及び法人都民税を、個人の場合は個人事業税及び個人住民税を滞納していないこと。
  3. 整備を行おうとする工場が、建築基準法その他建築関連法規に適合していること。
  4. 整備を行おうとする工場が「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」(略称「環境確保条例」)による工場認可を受けていること。又は同条例による指定作業所に適合していること。(工場認可等を受ける必要の無い工場を除きます)

※「中小企業者」とは中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者をいいます。

助成金の種類と助成額

(1)世田谷区ものづくり企業立地継続助成金

  • 対  象:区内で製造業を営む中小企業者
  • 助成額:最大375万円(対象経費の4分の3) 

※工場の新築及び既存工場の増築部分に係るものは対象外です。

※この助成金は東京都が実施する「都内ものづくり企業立地継続支援事業費補助金」を財源の一部としています。

(2)世田谷区準工業地域創業等支援補助金

  • 対  象:区内の準工業地域で、建設業、製造業、洗濯業、自動車整備業を営む中小企業者
  • 助成額:最大300万円(対象経費の3分の2)

 ※準工業地域とは都市計画法(昭和43年法律第100号)第8条第1項第1号に規定する用途地域をいいます。

 ※業種は日本標準産業分類(平成25年10月30日総務省告示第405号)に掲げる、D建設業、E製造業、N生活関
    連サービ業、娯楽業のうち洗濯業、Rサービス業(他に分類されないもの)のうち自動車整備業をいいます。

助成対象となる事業及び経費

近隣住民等への配慮を目的として、区内にある工場の操業環境の改善(防音、防臭、防振など)を行う事業で次の全ての条件を満たすものとします。

  1. 助成対象経費の総額が100万円以上の事業。
  2. 平成30年1月31日(水曜日)までに整備工事が完了する事業。(支払いを含む)
  3. 当該事業に対して、区、国又は地方公共団体、公益団体等から同種の補助金を受けていないこと。

助成対象とならない経費

  1. 飲食費と認められるもの
  2. リース等について、事業実施期間外の期間に関わるもの
  3. 委託により工場の改修等を行う場合において、当該委託に基づき受託者が取得した物品で受託者の資産になるもの
  4. 見積書、契約書、仕様書、納品書、請求書、振込控、領収書等の帳簿類が不備なもの
  5. 助成対象事業外の事業と混同して支払いが行われており、助成対象事業に係る経費が区分できないもの
  6. 手形、小切手又はクレジットカードにより支払いが行われている経費
  7. 契約から支払いまでの一連の手続きが事業実施期間内に行われていないもの
  8. 公租公課(諸費税及び地方消費税額等)
  9. その他区長が助成対象でないと認める経費

申請期間

平成29年4月3日(月曜日)~平成29年6月30日(金曜日)

※申請にあたっては、必ず事前相談が必要です。(要予約)

提出書類

助成金の種類により申請書等の様式が異なります。詳細はお問い合わせください。

その他

詳細につきましては、必ず添付の「平成29年度世田谷区ものづくり企業立地継続支援事業のご案内」にてご確認ください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

産業政策部 工業・雇用促進課

電話番号03-3411-6662

ファクシミリ03-3411-6635

トップページへ戻る

このページのトップへ