こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

平成28年度 世田谷区産業表彰

更新日:平成27年11月15日

ページ番号:0129326

第47回世田谷区産業表彰式の写真
平成28年度 産業表彰式

世田谷区産業表彰は、区内産業の育成・振興に貢献し、その功績が顕著である方を表彰して、その功績を称えるため、昭和42年から実施しています。

平成28年度 産業表彰式を開催しました

「第50回世田谷区産業表彰式」を、平成28年10月15日(土曜日)、三茶しゃれなあどホールで開催しました。

主な受賞者を紹介します。

区長特別
区長特別表彰受賞者

【受賞者】
 区長特別表彰  (団体)2団体、(個人)1名、

                       (産業連携・マッチング)1事業5団体
 団体役員表彰   11名
 従業員20年表彰 48名
 従業員10年表彰 56名

平成28 年度 区長特別表彰受賞者

区分 受賞者名 主な取り組み
団体

株式会社 枻出版社

www.ei-publishing.co.jp

様々な手法による地域貢献の取り組みや多様なメディアにて世田谷の特色や魅力を発信するなど、世田谷のまちの魅力を高め、観光振興に貢献している。

三軒茶屋銀座商店街振興組合

www.sancha.or.jp

  魅力あるイベントを通じて、商店街と地域住民との交流を深め、大規模な防災フェアを主催するなど地域振興に貢献している。

個人

浦野 昌一

  長年にわたり野菜栽培の早期収穫の研究等に熱心に取り組み、区内農業の発展と振興に貢献している。
産業連携・マッチング

株式会社 栗原商曾

連携事業名 

 災害時避難誘導塔「AE-TOWER(アエタワー)」

 

  

 区内の異業種企業5社が連携して、「ソーラー発電」+「バッテリー」+「照明」を搭載した災害時避難誘導塔(AE-TOWER)の開発・製作を行っており、地域の安全・安心の公共的な役割を果たすとともに、区内工業の発展に貢献している。

 

株式会社 

田中電氣研究所

www.tanaka-e-lab.com

株式会社 山田精機

www.yamada-seiki.co.jp/

株式会社 岡田計器製作所

www.okadakeiki.co.jp

有限会社 繁岡美術

www.shigeoka-bijyutsu.com

世田谷区では、区内産業の育成や振興に貢献された方々を毎年表彰しています。以下の対象に該当する方がいらっしゃいましたら、下記連絡先まで情報をお寄せください。なお、正式な推薦の受付は平成29年6月頃の予定です。

対象

勤務または経営する事業所が区内にあり、次に掲げる企業もしくは団体に勤務する方

  1. 中小企業基本法第2条に定める中小企業者
  2. 区内各産業関係団体 (非営利団体を含む)
  3. 信用金庫および信用組合
表彰区分
区分 対象 要件
区長特別

団体、個人、

産業連携・マッチング

区内産業の育成や振興の面で、地域社会に著しく貢献している。
マイスター 個人 卓越した技能を有している。
団体役員 個人 産業団体の役員を長く務めており、功績が特に顕著である。
従業員永年勤続 個人 区内中小企業に長く勤務しており、職務に精励し、成績優秀である。

(補足)

  • 表彰基準の詳細は、「平成28年度世田谷区産業表彰実施要領」(添付ファイルからダウンロード可)をご参照ください。

申し込み方法

所定の推せん書(6月中旬に産業団体に送付。添付ファイルからダウンロード可)にご記入のうえ、世田谷区産業政策部商業課調整係(郵便番号 154-0004 東京都世田谷区太子堂2-16-7 電話番号 03-3411-6652 ファクシミリ 03-3411-6635)へ郵送または持参してください。

締め切り

平成28年度の受付は終了しました。 

その他

  • 推薦された表彰候補者および団体は産業表彰審査会に諮って受賞者を決定します。
  • 表彰された方の取り組みを区のおしらせやホームページで幅広く紹介します。

過去の区長特別表彰受賞例

  • 彫刻修理の技能の研鑽に励み、国内外の貴重な文化的彫像及び木製品の修復を数多く手がけ、日本の伝統技術の保存・伝承に多大に寄与した。
  • 義肢関連部品製作に精励され、熟練した技術の継承に尽力するとともに、日本のものづくり技術を世界へ広め、区内産業の振興・発展に貢献した。
  • 地域の課題に積極的に取り組み、地域社会に貢献するとともに、ソーシャルビジネスの可能性を示し、産官学連携の先進事例となって、区内産業の発展に寄与した。
  • 区内の放射性物質の調査に取り組むとともに、東日本大震災被災地の復興や環境保全の啓発に尽力し、環境ビジネスの振興発展に貢献した。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

産業政策部 商業課

電話番号03-3411-6652

ファクシミリ03-3411-6635

トップページへ戻る

このページのトップへ