こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

ハチの種類と生態について

更新日:平成29年6月5日

ページ番号:0021190

 

区内でよく見られるハチ

ハチの多くは、害虫を食べたり花の受粉を助けたりする有益な昆虫です。スズメバチ等の攻撃性の強いものもいますが、おとなしいハチも多く存在します。これらのハチは不用意に巣に近づいたり刺激を与えたりしなければ、攻撃しません。ハチの巣が生活に支障のない場所にあれば、そっとしておきましょう。

日常生活でハチに出会った際、適切な対処をするために、世田谷区内でよく見られるスズメバチとアシナガバチについて、巣の特徴や生態についてご紹介します。

 

キイロスズメバチ コガタスズメバチ       アシナガバチ
巣の特徴

スズメバチの巣の写真

コガタスズメバチの巣の写真

アシナガバチの巣の写真

茶碗を逆さにつるした形状で

六角形の穴が見えます

縞模様になっています
個体の特徴 スズメバチの写真 コガタスズメバチの写真 アシナガバチの写真

体長約2.5~3.5cm。カチカチと警戒音を出しているときは

相手を威嚇しており危険です。刺激しないようにしましょう。

体長約2.0cm。飛ぶときに長い後ろ足をぶら下げた状態になります。
対処 女王バチが1匹で巣作りしている時期(4-5月ごろ)は簡単に巣を除去することができます。晩夏~秋にかけては大きくなり攻撃性もあるので、保健所にご相談ください。 生活に支障のない場所に巣がある場合には、そっとしておきましょう。女王バチが1匹で巣作りをしている時期(4-5月ごろ)は簡単に巣を除去できます。

ミツバチの分蜂(ぶんぽう)について 

春から夏にかけての時期に、庭先や軒先などに数百匹ものミツバチが集まっていることがあります。これは分蜂(ぶんぽう)といって、新しい女王バチが誕生したことに伴いミツバチが巣別れをし、女王バチと働きバチたちが、新しい巣を作る場所を探すために一時的に集まっているだけの現象です。一時的な現象なので、数時間から数日そっとしておけば、巣を作るのに適した場所へ引越ししていきます。分蜂中のミツバチはおとなしく、手を出したりしなければ刺されることはめったにありません。受粉を助ける貴重な生き物ですので、そっとしておきましょう。

ミツバチの分蜂

ミツバチの分蜂の様子

(そっとしておきましょう)

 

ミツバチの写真

ミツバチ

体長は約1-2cm

 

ハチの攻撃性について

 ハチが攻撃するのは自分の巣を守るためなので、飛んでいるハチがむやみやたらに人に向かってくる攻撃することはありません。ただし、不用意に巣に近づいたり、巣をつついたりするなど刺激を与えた場合や、個体を手で振り払った場合などは刺されることがあります。

 

万が一、ハチに刺されたら

安全な場所に移動し、患部を指や爪等を使って、すぐにハチの毒を血と一緒に絞り出してください。この際、決して口では毒を吸い出さないでください。毒が歯茎等から体に入る場合があります。その後、患部を流水で洗い流し、抗ヒスタミン入り軟膏を塗りましょう。もしこの間に、嘔吐、発熱、息苦しくなる等の症状があらわれたら、早めに医療機関で受診してください。また過去にハチに刺されてアレルギー反応が出たことがある方は、すぐに医療機関を受診してください。

ハチの巣を見つけたら

  攻撃性が弱いアシナガバチについては、 手を伸ばしても届かない高いところに巣ができた場合には刺される危険性は低く、巣をそのままにしておいても問題はありません。冬になれば空っぽになり、翌年使われることはない巣なので、そっとしておくのもひとつの方法です。しかし、身近な場所に巣ができた場合には、巣を除去せざるをえない場合もあります。詳しくは、ハチの巣の除去について をごらんください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 生活保健課 生活環境衛生

電話番号03-5432-2903

ファクシミリ03-5432-3054

トップページへ戻る

このページのトップへ