こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」などと称したハガキや封書による架空請求にご注意ください。

更新日:平成30年10月19日

ページ番号:0160716

「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと題して、「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」などと架空の組織をかたり、ウソの訴訟案件を記載したハガキや封書を送りつけ、電話問い合わせをしてきた方から金銭をだまし取る詐欺被害が発生しています。

対処法

 1 国の行政機関である「法務省」とは一切関係はありません。

   「法務省管轄支局」と称する事業者の実体はなく、国の行政機関である「法務省」とも一切関係は

   ありません。

   「民事訴訟」「裁判」「差し押さえ」などの表現が書かれていても、ウソの告知ですので、心配は不要です。

  ※差出人名は、他にも法務省管轄支局「お客様訴訟管理センター」・「国民訴訟お客様管理センター」や、

  「法務局国民訴訟お客様管理センター」、「地方裁判所管理局」、「民事訴訟管理センター」など様々な名称

  が確認されています。今後別の差出人名をかたることも想定されますが、上記同様にウソの告知ですから

  ご心配はいりません。。


 2 記載されている連絡先には絶対に電話しない。

   記載されている電話番号に電話を してしまうと、電話番号や氏名などを聞き出され、相手方に個人

   情報を提供してしまうことになります。

   また、執拗にお金の請求をされ、高額を支払う被害の恐れがあります。

 3 金銭の請求には絶対に応じない。

   相手方は、現金をレターパックや宅配便で送るよう指示したり、コンビニでギフト券を購入するよう

   指示したりしますが、いずれも典型的な詐欺の手口です。

   一度金銭を支払ってしまうと、取り戻すことは困難です。決して支払をしてはいけません。 

 4 正式な裁判手続きの通知が普通郵便で送られてくることはありません。

   訴状は、「特別送達」と記載された、裁判所の名前入りの封書で、直接郵便局員が手渡すことが

   原則となっており、郵便受けに届くことはありません。

 5 迷った場合は、最寄の警察署または消費生活センターに相談する。

   ひとりで悩まずに、消費生活センターに相談しましょう。お気軽にお電話ください。

   世田谷区消費生活センター 電話03-3410-6522


関連する情報

   この事例に関連する情報(被害事例、ハガキの参考見本など)が、くわしく掲載されています。ぜひご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

経済産業部 消費生活課

電話番号03-3410-6521

ファクシミリ03-3411-6845

トップページへ戻る

このページのトップへ