こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

資源の持ち去り対策について

更新日:平成30年4月1日

ページ番号:0005102

 区において、平成12年に開始した資源・ごみ集積所での行政による資源回収が定着してくるとともに、資源(特に古紙)の持ち去り行為が横行するようになりました。

区では、平成15年12月に条例改正を行い、資源の持ち去り行為を禁止し、平成16年3月から禁止命令に従わない者に「20万円以下の罰金」を科すなど、全国に先駆けて、資源の持ち去り対策を進めてきました。

持ち去り対策による一定の成果は上がっているものの、常習者等による持ち去りが後を絶たず、区民の皆様が区に出した資源が持ち去られている状況は、区民と区の信頼関係を損なう原因となり、ごみ減量の基盤となる区民のリサイクル意識の低下を招きかねません。

このため、平成29年12月に条例改正を行い、持ち去り行為の常習者に「50万円以下の罰金」を科す規定を新設しました。

また、同条例施行規則を改正し、近年、「ペットボトル」及び「不燃ごみとして排出される金属類」の持ち去り行為が発生しているため、持ち去り禁止対象品目を追加しました。

  条例及び同条例施行規則改正内容(施行日:平成30年4月1日)

【主な改正内容】

  • 禁止命令に従わず、資源の持ち去り行為を繰り返し行う常習者に対して、「50万円以下の罰金」を科すことができる規定を新設しました。
  • 現行の持ち去り禁止の対象品目(古紙、ガラスびん、缶)に「ペットボトル」「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律施行令(平成25年政令第45号)第1条に掲げる電気機械器具」「焼却して処理しないものとして排出された廃棄物で、金属を含むもの」を追加しました。

持ち去り禁止の対象品目

  資源・ごみ集積所に出された「古紙」「ガラスびん」「缶」「ペットボトル」「使用済小型家電」「金属を含む不燃ごみ」

区の取組み

  1 パトロール等取締りの実施

  •  区では職員及び民間パトロールを実施するとともに、区内4警察署との取締りを実施しています。
  • 資源の持ち去りを発見した際には、収集又は運搬する行為を行わないよう警告書を交付します。
  • 警告を受けてもなお、資源物の持ち去り行為を繰り返す者には、禁止命令書の交付を行っています。それでも続ける悪質な者に対しては、区内4警察署との連携取締りによる告発を行い、20万円以下の罰金刑に処することとします。なお、常習性が認定されれば、50万円以下の罰金刑に処されます。

 平成30年3月末現在 告発件数 57件

2 GPS追跡調査

平成27年3月、持ち去られた古紙の買取業者の特定等を目的とし、問屋組合等3者と各特別区(18区参加)でGPS(全地球測位システム)を用いた追跡調査に関する覚書をそれぞれ締結しました。

これにより、持ち去られた古紙を流通させない仕組みの構築を目指すとともに、広域的な面から古紙持ち去り行為への抑止効果が期待されます。

3 古紙の優先的回収

平成24年から一部地域において、通常より時間を早めた資源回収(朝7時30分から回収を始め、朝8時から再度回収します。)を実施しています。

また、全ての地域において、特に被害の多い「新聞・雑誌類」を朝一番に回収しています。 さらに、平成27年からは一部のマンションにおいて「新聞・雑誌類」の前日回収を開始しました。

4 集団回収

家庭から出る古紙や缶、ガラスびん等の資源について、町会・自治会、集合住宅、学校のPTA等10世帯以上で構成される団体で地域の皆様が自主的に回収を行い、直接、民間の資源回収事業者に引渡すリサイクル活動です。 回収日を任意に決めることができるため、区の回収日以外に回収することで、持ち去り被害防止につながります。

集団回収をされている方も、資源・ごみ集積所から資源を持っていくことはできませんのでご注意ください。

 ※詳細は、資源の集団回収のページをご覧下さい。

世田谷区からのお願い

 1 資源・ごみの排出時間について

資源等の持ち去り行為は、深夜から早朝の人目につかない時間帯に多く発生しています。

そのため、資源等を資源・ごみ集積所に出す際は、持ち去りやすい時間帯を避けるためにも回収日当日の朝、8時にあわせて出すようにご協力お願いします。

2 資源持ち去り情報の提供

資源の持ち去り行為を発見したときは、発見日時・場所・車両ナンバーなどの情報を清掃・リサイクル部事業課

(TEL:03-5432-2925、FAX:03-5432-3058)にお寄せください。

パトロールの際の貴重な情報として活用させていただきます。 

3 留意点

資源の持ち去り行為を発見したときの声かけは、危険を伴う場合があります。資源持ち去り行為者に対して直接声をかけたりすることはおやめ下さい

(補足)
資源持ち去り厳禁チラシを作成しましたので、下記添付ファイルよりダウンロードしてご利用ください
ダウンロードできない方は下記連絡先にお問い合わせ下さい

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

清掃・リサイクル部事業課

電話番号03-5432-2925

ファクシミリ03-5432-3058

トップページへ戻る

このページのトップへ