こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

集合住宅や事業用建築物を建築するとき

更新日:平成27年5月28日

ページ番号:0005064

集合住宅のイラスト
集合住宅

集合住宅や事業用建築物を建築するときは清掃事務所に事前協議をお願いします。

(廃棄物保管場所・再利用対象物保管場所の設置と、集積所等の位置についての協議です。)

対象建築物(複合建築物含む)

事業用建築物のイラスト
事業用建築物
  • 住戸数が4以上の集合住宅
  • 床面積が1,000平方メートル以上の事業用建築物
    (特定商業施設を含む)

事前協議の対象となる建築物は下の表のとおりです。

(注釈1)世田谷区清掃・リサイクル条例

(注釈2)世田谷区集合住宅の廃棄物保管場所等の設置に関する要綱(集合住宅要綱)

(注釈3)世田谷区事業用建築物の廃棄物保管場所等の設置に関する要綱(事業用建築物要綱)

事前協議の対象となる建築物
区分 平成14年4月1日から
延べ面積3,000平方メートル以上の建築物(集合住宅、事業用とも) 条例(注釈1)に基づき、設置届の提出が必要です
住戸20戸以上又は延べ面積1,500平方メートル以上の集合住宅 集合住宅要綱(注釈2)に基づき、計画書の提出が必要です
ワンルームマンション 集合住宅要綱(注釈2)に基づき、計画書の提出が必要です
4戸以上の集合住宅 集合住宅要綱(注釈2)に基づき、計画書の提出が必要です
1,000平方メートル以上の事業用建築物 事業用建築物要綱(注釈3)に基づき、計画書の提出が必要です
特定商業施設(500平方メートル超) 事業用建築物要綱(注釈3)に基づき、計画書の提出が必要です
4棟(区画)以上の分譲住宅の建築 世田谷区小規模宅地開発指導要綱に基づき、事前協議書の提出が必要です

建築確認申請等の前までに清掃事務所へ事前協議してください

該当建築物の建設にあたっては、計画段階で、建設地を管轄する清掃事務所に事前協議し、世田谷区、東京都及び指定確認検査機関への建築確認申請等を行う前に、以下の書類を提出してください。

  • 延べ面積が3,000平方メートル以上の建築物
    「再利用対象物保管場所設置届兼廃棄物保管場所設置届」と案内図、配置図、各階平面図、容器の算定表、等の必要書類
  • 延べ面積が3,000平方メートル未満の建築物
    「廃棄物保管場所・再利用対象物保管場所・集積所等計画書」と案内図、配置図、各階平面図、容器の算定表、等の必要書類

協議事項は、以下のとおりです

  1. 廃棄物保管場所
    可燃・不燃ごみを分別して収集日まで保管する場所の設置
  2. 再利用対象物保管場所
    資源を古紙(新聞紙・段ボール・雑誌類)、ガラスびん、缶、ペットボトルに分別して収集日まで保管する場所の設置
  3. 集積所等
    ごみ・資源の容器等を収集日に持ち出す所の位置

(注意)

  • のべ面積3,000平方メートル以上の大規模建築物では、粗大ごみ集積所も設置が必要です。
  • 資源・ごみ集積所は原則敷地内に設けていただきます(収集に支障がある場合を除く。)。
  • 既存の資源・ごみ集積所を利用する場合は、既利用者と事前に調整をしてください。
  • このほか、運搬車両の進入、収集作業スペース確保等も打ち合わせていただきます。

集合住宅の廃棄物保管場所、再利用対象物保管場所の算定例

下の表のとおりです。(延べ面積3,000平方メートル以上 40戸(1住戸の面積70平方メートル)の大規模集合住宅の場合)

廃棄物保管場所は設置義務です。再利用対象物保管場所は設置努力義務です。

管轄の清掃事務所、事業課指導許可担当で詳細を記載した作成要領(冊子)を配布しています。
作成要領は添付ファイルでご覧いただけます。
あわせて、廃棄物保管場所・再利用対象物保管場所・集積所等計画書及び、提出書類の一部を添付ファイルでダウンロードできますので、ご利用ください。

集合住宅の廃棄物保管場所、再利用対象物保管場所の算定例
施設 種別 容器数 容器保管面積 全体面積(最低)
廃棄物保管場所 可燃・不燃ごみ 40個(60リットルの丸型容器) 7.2平方メートル(棚2段まで) 14.2平方メートル以上(作業スペース、洗浄・排水設備込み)
再利用対象物保管場所 古紙 23個(新聞紙4つ折り) 1.38平方メートル(平積み) 4.3平方メートル以上(単独の場合、作業スペース等確保)
再利用対象物保管場所 ガラスびん 3個(専用コンテナ) 0.20平方メートル(4段積みまで) 4.3平方メートル以上(単独の場合、作業スペース等確保)
再利用対象物保管場所 4個(専用コンテナ) 0.20平方メートル(4段積みまで) 4.3平方メートル以上(単独の場合、作業スペース等確保)
再物対象物保管場所 ペットボトル 14個(60リットルの丸型容器) 2.52平方メートル(棚2段まで) 4.3平方メートル以上(単独の場合、作業スペース等確保)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

清掃事務所、清掃・リサイクル部事業課

電話番号清掃事務所 (世田谷)03-3425-3111、(玉川)03-3703-2638、(砧)03-3290-2151/清掃・リサイクル部事業課03-5432-2289

ファクシミリ03-5432-3058(清掃・リサイクル部事業課)

トップページへ戻る

このページのトップへ