こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

「世田谷区産後ケアセンター業務」運営事業者の募集

更新日:平成29年10月3日

ページ番号:0155440

「世田谷区産後ケアセンター業務」運営事業者の募集

区では、少子化や核家族化が進む中で、出産直後の母及びその子が安心して利用できる産後ケアセンターをつくり、平成20年より事業を開始しました。

産後ケアセンターは、子育てをしやすい環境づくりの促進及び児童虐待の未然防止を目的として、心身が不安定になりやすい産後の一定期間に、特に支援が必要な母子及びその家庭を対象として多くの母子を受け入れ、乳児との生活への適応及び母のセルフケア能力の向上の促進並びに地域における仲間づくり及び子育てに関する情報の提供等を行い、都市型の実家機能を補ってきました。

今回、事業者の変更にあたり、本施設の運営・管理を担っていただく事業者を広く募集します。

事業者の選定にあたっては、より良いサービス提供を目指し、皆様から創意工夫を生かした事業運営手法の具体的な提案等をいただき、企画提案方式による選考を行い、決定します。

応募に参加できる者の資格

本事業の運営が可能な社会福祉法人、財団法人、社団法人、学校法人等の公共的団体及び、医療法人、株式会社等で、次の各事項をすべて満たす者とします。

  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項(同令第167条の11第1項において準用する場合も含む。)の規定(地方公共団体の一般競争入札の参加者資格に抵触する者)に該当しないこと。また、同条第2項による措置を現に受けていないこと。
  2. 世田谷区から入札参加禁止又は指名停止の措置を受けている期間中でないこと。
  3. 都道府県民税・市町村民税に滞納がないこと。
  4. 以下のいずれかに該当すること
    (1)産後ケア若しくは類似の事業についての1年以上の実績を有していること。
    (2)学校教育法に定める大学において看護学部を有していること。
    (3)医療法に定める施設において産科婦人科又は入所施設を有する助産所を営業していること。
    (4)産後の母子保健に精通している理事、設立者、発起人 あるいは助産師等国家資格を有する協同提案者がいること。

履行期間

平成30年4月1日から平成35年3月31日

※ただし、本業務の運営状況が良好と認められた場合、かつ次年度予算について区議会で議決が得られた場合に限り、履行期間を限度に単年度毎に契約を締結する。

委託事業概要

  1. 機能
    家族等から十分な家事及び育児等の援助が受けられない母子への保健指導及び授乳指導等を行う産後ケアセンター事業を、通年・24時間運営する。
    (1)母子のショートステイ
    宿泊で母体の休養・体力回復、産褥期の母体ケア、育児指導・相談を実施する。送迎あり。
    (2)母子のデイケア
    上記ショートステイの日帰り利用。送迎あり。
    (3)兄姉ショートステイ及び兄姉デイケア
    上記(1)(2)を利用することにより、当該乳児の兄姉育児が困難になる場合のショートステイ及びデイケア
    (4)利用料収納(徴収)事務
    利用者から利用料を徴収し、全額区へ払い込む。
    収納(徴収)する利用料について、区が発行し、妊娠期面接の際に配布する「せたがや子育て利用券」による精算処理を行うこと。
  2. 定員
    15組(ショートステイ、デイケアを合算した母子組数。また母子組数には15部屋に収まる範囲内での多胎児、兄姉を含む)
  3. 事業の対象者
    生後4か月未満の子どもとその母親及びきょうだいで、下1号から3号全てを満たすか、区において支援が必要と判断した者。
    (1)申請時及び利用時に住民登録又は外国人登録がある者
    (2)体調不良や育児不安がある者
    (3)家族、親族等から十分な支援を受けられない者
    (4)その他、区長が必要と認める者
    ※ただし、医療行為が必要な者を除く。
  4. 事業の対象者の決定方法
    利用希望者の申請に基づき区が利用決定をします。その後、事業者と利用者の間で利用契約を締結します。
  5. 職員体制
    職員の配置は、24時間通年開所施設であることに留意し、以下の人員については必ず配置してください。また別に区が定める基準に則して実施してください。
    (1)施設長(常勤)1名
    (2)助産師(常勤又は非常勤)
    運営にあたっては、24時間助産師を2名以上常駐。昼間は助産師を母子4組当たり1名常駐。
    (3)保健師、看護師又は保育士
    乳児保育室で乳児を保育する時間に1名以上常駐。
    (4)臨床心理士
    週2日4時間以上配置。
    (5)事務員(常勤又は非常勤)
    昼間受付時間中3名以上常駐。

運営施設

世田谷区立産後ケアセンター

  • 所在地 世田谷区桜新町2丁目29番6号
  • 敷地面積460.68平米
  • 建物の面積:建築面積 275.31平米
  • 延床面積 828.61平米(3階建て) 

提案限度額

160,000千円程度(平成30年度)

  1. 平成31年度以降も同程度の金額となります。
  2. 本事業は、課税対象事業。

スケジュール(予定)

説明書交付期間 9月20日(水曜日)~10月3日(火曜日)午後4時
受託事業者公募説明会申込み締切 9月27日(水曜日)午後4時
受託事業者公募説明会 9月29日(金曜日)
参加表明書提出期限 10月3日(火曜日)午後4時
質問締め切り 10月12日(木曜日)午後4時
質問回答 10月17日(火曜日)
提案書及び必要書類提出期限 10月24日(火曜日)午後4時
一次選考の結果通知発送 11月2日(木曜日)
二次選考(ヒアリング) 11月上旬
最終選考結果通知発送 11月10日(金曜日)

  受託事業者公募説明会及び現地見学会

  1. 日時:平成29年9月29日(金曜日)午後1時30分から説明会、午後4時から現地見学会
  2. 会場:
    (1)説明会 世田谷区民会館別館「三茶しゃれなあどホール」5階 集会室オリオン(世田谷区太子堂2-16-7)
    (2)現地見学会 産後ケアセンター(世田谷区桜新町2-29-6)
    説明会及び現地見学会への出席を希望する事業者の方は、「受託事業者公募説明会出席票」を9月27日(水曜日)午後4時まで下記担当部課へファクシミリ又はメールにてお送りください。
    ※説明会及び現地見学会出席に伴う必要な費用(交通費等)は全て希望事業者でご負担ください。
    ※駐車場はありませんので、車両での来場はご遠慮ください。

プロポーザルへ参加を希望する事業者は、説明書をご確認のうえ、ご応募ください。

様式6職員ローテーション表を差替えました。(10月3日)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

子ども家庭課

電話番号03-5432-2255

ファクシミリ03-5432-3081

トップページへ戻る

このページのトップへ