こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

講演会&シンポジウム「老いても、認知症になっても、家族の愛を壊さずに、この世田谷で」を開催します

更新日:平成30年12月7日

ページ番号:0163277

イベント名講演会&シンポジウム「老いても、認知症になっても、家族の愛を壊さずに、この世田谷で」
日程平成31年1月12日(土曜日)
時間14時から16時まで
会場烏山区民会館ホール(南烏山6丁目2番19号)

イベント概要

老いても、認知症になっても、家族の愛を壊さずに、この世田谷で暮らし続けることをテーマに講演会&シンポジウムを開催します。ぜひご来場下さい。

対象:どなたでもご来場いただけます。

費用:無料

定員:300人(先着順・事前申込不要) 

第1部 講演「母を看取って気づいた、誇り・味方・居場所の大切さ」

講師:大熊 由紀子 先生

講師プロフィール

科学ジャーナリスト。朝日新聞で女性初の論説委員として、医療、福祉、科学分野の社説を17年間担当。

著書『「寝たきり老人」のいる国いない国』は31刷のベストセラーとなり、その第1章は介護保険制度のメニューに。

国際医療福祉大学大学院教授。福祉と医療・現場と政策をつなぐ「えにし」 ネット志の縁結び係&小間使い。

世田谷区認知症施策評価委員会委員長 他

第2部 シンポジウム「老いるということ」 

大熊先生を囲んで、自分らしく世田谷で生きるためにみんなで語り合いましょう。

パネリスト

●大熊 由紀子 先生

●神津 仁 世田谷区医師会高齢医学医会会長/神津内科クリニック院長

●瓜生 律子 世田谷区高齢福祉部長

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

高齢福祉部 高齢福祉課

電話番号03-5432-2397

ファクシミリ03-5432-3085

トップページへ戻る

このページのトップへ