こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

【世田谷文学館】萬画家・石ノ森章太郎 展

更新日:平成31年4月10日

ページ番号:0165339

イベント名【世田谷文学館】萬画家・石ノ森章太郎 展
日程平成31(2019)年4月20日(土曜日)から年6月30日(日曜日)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)
※連休中は4月27日(土曜日)から5月6日(月曜日・振替休日)まで開館し、5月7日(火曜日)に休館します。
時間午前10時から午後6時(展覧会入場とミュージアムショップは午後5時半まで)
会場世田谷文学館 (東京都世田谷区南烏山1丁目10番10号)

1

マンガ家として『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』など数々のヒット作で知られる石ノ森章太郎(1938年から1998年)は、エンターテインメント作品を量産する一方で実験的作品『章太郎のファンタジーワールド ジュン』や『マンガ日本経済入門』など画期的なテーマにもチャレンジし続け、万物を表現できるメディアとしての<萬画>を提唱しました。また、後進育成のためのマンガ入門書やエッセイ刊行の他、晩年は郷里貢献活動として、「マンガを活かした街づくり」に尽力するなど、教育者や作家、社会企業家(社会変革の担い手)としての側面もあわせ持っています。本展では、「世界一多作なマンガ家」の多様性、先見性を改めて顕彰します。


2

第1章 ヒーローズコレクション(仮面ライダー)
        ―特撮作品原作者として

第2章 ボクの萬画(サイボーグ009・JUN)
        ―萬画家・詩人・芸術家として

第3章 石ノ森章太郎による石森章太郎
        ―萬画家・社会企業家として

5

石ノ森章太郎(いしのもり しょうたろう)
1938年 宮城県に生まれる。本名・小野寺章太郎。少年時代は読書好きの姉の影響もあり、文化・芸術全般に興味を抱く。宮城県立佐沼高校在学中、「漫画少年」に『二級天使』の連載でデビュー。卒業と同時に上京し漫画家生活に入る。『ミュータント・サブ』『サイボーグ009』で講談社児童まんが賞、『章太郎のファンタジーワールド ジュン』『佐武と市捕物控』『HOTEL』等で小学館漫画賞、『マンガ日本経済入門』で日本漫画家協会賞・大賞を受賞。1986年デビュー30周年を転機に”石ノ森”と改名。1998年60歳の生涯を閉じる。2008年にギネス・ワールド・レコーズから「一人の著者によって出版された最多コミックの記録」として世界記録の認定を受ける。

主催=公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館

特別協力=株式会社石森プロ

協力=石ノ森萬画館、株式会社街づくりまんぼう、石ノ森章太郎ふるさと記念館

後援=世田谷区、世田谷区教育委員会

関連イベント

DVD上映会

「サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER」(2001) 第1話「誕生」、第20話「まぼろしの犬」
 平成31年4月20日(土曜日)、平成31(2019)年5月5日(日曜日・祝日) 2階講義室
 第1回上映(第1話)   午前10時半から午前11時まで
 第2回上映(第20話) 午前11時半から正午まで
 第3回上映(第1話)   午後12時半から午後1時まで
 第4回上映(第20話) 午後1時半から午後2時まで
 第5回上映(第1話)   午後2時半から午後3時まで
 第6回上映(第20話) 午後3時半から午後4時まで
 第7回上映(第1話)   午後4時半から午後5時まで
参加費:無料  定員:各回先着50名  開場:各回とも上映開始の15分前
申込:直接会場へお越しください。当日午前10時より各回の整理券を配布

サイボーグ009記念スタンプ

展覧会会期中、サイボーグ009のメンバーたちが皆様をお出迎えします。クイズを解きながら,、文学館を探検しよう!
会場:文学館1階ロビー  参加費:無料  申込:直接会場へお越しください。 

セタブンマーケット+烏山下町まつり

平成31(2019)年6月1日(土曜日)午前10時から午後4時まで
思春期を宮城県で過ごした章太郎にちなみ、石巻のグルメをお届けします。セレクト書店、ワークショップなどを開催するミニマーケットをお楽しみください。

その他、詳細は文学館ホームページをご覧ください。

観覧料

一般 800円(640円)   高校生・大学生・65歳以上 600円(480円) 
 障害者手帳をお持ちの方 400円(320円) 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金割引料金・「せたがやアーツカード」割引料金
※4月20日(土曜日)は開館記念観覧料無料  
※4月26日(金曜日)は65歳以上無料
※6月1日(土曜日)は地域催事に伴う観覧料無料

同時開催

前期コレクション展 仁木悦子の肖像 平成31(2019)年4月20日(土曜日)から9月23日(月曜日・祝日)まで

次回企画展

原田治 展「かわいい」の発見  平成31(2019)年7月13日(土曜日)から9月23日(月曜日・祝日)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷文学館

電話番号03-5374-9111

ファクシミリ03-5374-9120

このページは、文化・芸術振興課(電話5432-2124)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ