こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

【生活工房】映像のフィールドワーク展

更新日:平成31年3月7日

ページ番号:0164716

イベント名【生活工房】映像のフィールドワーク展 20世紀の映像百科事典をひらく
日程2019年3月16日(土曜日)から2019年4月7日(日曜日) 月曜休 入場無料
時間午前11時から午後7時まで
会場三軒茶屋(キャロットタワー3・4階)生活工房ギャラリー&ワークショップルームAB

1

私たちは何を残してきたのか、そして何を残していくのか―。
 手から手へ伝えてきた人類の営みを、映像から手さぐりする展覧会。

映像のフィールドワーク展

20世紀の映像百科事典をひらく

1952年、第2次世界大戦の敗戦後間もないドイツの国立科学映画研究所で、ある壮大なプロジェクトが始まりました。その名は「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」(以下、ECフィルム)。世界中の知の記録を集積することを目指した、”映像による百科事典”です。以来40年余りの歳月をかけ、あまたの研究者やカメラマンが世界各地に派遣され、その地に生きる人々の暮らしや儀礼、動植物の生命活動をフィルムに収めました。映像の総数は、実に3000タイトル以上にも及びます。


 その映像郡には、人類が誕生してから連綿とつないできた、「生」そのものが記録されています。道具を作り、狩りをし、果実を集め、土を耕し、料理して食べ、ひもを綯い、衣服を作り、住居を建て、身を飾り、時に祈り、踊り歌い、子を産み育てる―。これらの映像を記録した人々は、未来の私たちに、何を伝え、残したかったのでしょう。タイムカプセルの中身を現代に活かせるかどうかは、私たち自身の手に委ねられています。
 本展では、いまだ全容が解明されていないECフィルムの映像群から、「住処」「音楽」「料理」「儀礼」「ひも」などのキーワードで拾い集め、約70作品を会場内のあちこちに投影します。映像のなかの世界をひもとくように探索し、来場者の発見が展示に反映されていく参加型の展覧会です。

ECフィルム研究所

映像のフィールドワークを、毎日やっています

<展示会場に、仮設のECフィルム研究所が出現>

<じっくり観る。感じる。やってみる。調べてみる。>
   ECフィルムが大画面に投影された展示空間では、ただ「観る」だけでなく、映像の中の行為(ひもを綯う、
   踊る、鳴らすなど)を「やってみる」体験が出来ます。デジタル化している約600タイトルの映像も自由に
   検索・閲覧できます。

<会場に記録されていくたくさんの問いと試み、発見。>
   来場者がさまざまにかかわることで、3週間の会期中、会場はどんどん変化していきます。手を動かして
   作ったものや、そこで生まれた問いや発見は、会場に刻まれ、残されていきます。

<過去の伝言を、次の誰かへ>
   会場で試したこと、調べたこと、気付いたことは、映像ごとの「伝言フォルダー」にまとめられ、次に観る
   人に手渡されていきます。過去からの伝言であるECフィルムは、私たちを介して、誰かへとつながって
   いくのです。

<問いは、未来へとつづく。>
   この映像群を目撃した私たちは、何を次世代に伝えていくことができるのでしょうか?
   本展覧会は、映像に記録された生命の営みを未来に伝える方法を探る、ひとつの実験です。

ECラボラトリーズ!!

展示会場では映像をめぐって連日何かが出合い、起こり、「実験」の痕跡が残されていきます。さまざまな
 <ゲスト研究員>が登場し、その日だけ上映される映像も。
  ※全ての会場は4階展示会場内、参加費無料。詳細は生活工房ホームページを参照ください。

○3月16日(土曜日)午後2時から午後3時半
  レプリカを作ってみる。
  ミクロネシアの漁師の帽子を編む。
  ゲスト研究員→本間一恵さん(縄文のかごを再現したバスケタリー作家) 

○3月20日(水曜日)午後2時から午後3時半
  カバを狩って食べる!?
  ニジェールの「カバ猟」を研究者に聞く。
  ゲスト研究員→佐久間 寛さん(アフリカ地域研究、人類学者)

○3月23日(土曜日)午後2時から午後3時半
  やってみたい、世界のあやとり。
  北極や南米、ニューギニア
  ゲスト研究員→野口とも さん(国際あやとり協会)

○3月26日(火曜日)午後2時から午後4時
  「顔」ってなんだろう?
  仮面を作って、かぶって、考えてみる。
  ゲスト研究員→藤山麻美さん(こども美術造形教室を主催して30年)

○3月27日(水曜日)午後2時から午後4時
  映像を観ながら作って食べる実験(1)
  「マニオク(キャッサバ)の平パン」は本当に作れるのか?

○3月28日(木曜日)午後2時から午後3時半
  もしも洗濯機が無かったら?
  比べてみよう、昭和の洗濯・北アフリカの洗濯。
  ゲスト研究員→小林こずえさん(昭和のくらし博物館学芸員)

○3月29日(金曜日)午後2時から午後4時
  映像を観ながら作って食べる実験(2)
  ルーマニアの「ママリガ」(トウモロコシ粉料理)

○3月31日(日曜日)午後2時から午後4時
  映像の中のチベット人と一緒に踊ってみたら・・・。
  ゲスト研究員→佐藤剛裕さん(チベット僧院に弟子入りした研究者)

○4月2日(火曜日)午後2時から午後3時半
  音を出してみる実験(1)
  映像に耳を澄ます。
  音のない映像に音を聞く。思いを巡らす。
  ゲスト研究員→松村拓海さん(フルーティスト、作曲家)

○4月3日(水曜日)午後2時から午後3時
  粘菌ってどんな生きもの?
  ゲスト研究員→増井真那さん(変形菌研究一筋10年以上の高校生)

○4月5日(金曜日)午後2時から午後3時半
  音を出してみる実験(2)
  みんなのリズムで一つの音楽をつくる、「バリの音の世界」
  ゲスト研究員→増野亜子さん(自ら演奏する民族音楽者)

○4月6日(土曜日)午後2時から午後3時半
  映像アーカイブの歴史と現在について聞く
  ゲスト→原田健一さん(新潟大学地域映像アーカイブ研究センター)
  ゲスト→岡田一男さん(東京シネマ新社)

さまざまなキーワードで、ECフィルムを再構成

「回る」「運ぶ」「たたく」「笑う」など40のことばでECフィルムに映り込んでいるものごとを切り取り、世界中の営みが同時投影される映像インスタレーション作品を初公開。会期中いつでもご覧いただけます。

関連イベント

トークセッション

とる、みる、つかう。-暮らしの中の記録と表現、その現在形

日時 3月24日(日曜日) 午後2時から午後4時半
  会場 生活工房 5階 セミナールームAB

誰もが毎日大量の「記録」を残す現代。どんな意味を持ち、誰に受け渡していくものなのか。
 生活工房とともに記録映像のプロジェクトに携わる方々と語り合いながら、その問いに向き合います。

トーク  下中菜穂(EC活用プロジェクト/造形作家)
       松本篤 (remo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織])
       小森はるか(映像作家)+瀬尾夏美(画家/作家)
  進行   丹羽朋子(EC活用プロジェクト/NPO法人FENICS)
  参加費:無料・50名(申込先着)
  申込開始:2月25日10時より受付
  申込:生活工房ホームページの当プログラムの申込フォームより。
    または、(1)イベント名(2)参加者全員の氏名(3)電話番号を明記のうえ、メール info@setagaya-ldc.net
    (件名:ECイベント申込)か電話(03-5432-1543)にて。

EC音楽映像傑作選上映会

うたと生きている

 日時 3月30日(土曜日) (1)午後1時から午後2時半 (2)午後3時半から午後5時(開場は、各回15分前)
   会場 生活工房 5階 セミナールームAB
  ECフィルムの中から、現地の生活の中の歌や祭りの歌、遊びの歌を記録した映像を選び、上映します。
   「夜の仮面の登場」 赤道アフリカ・カメルーン草原、ティカール族、1977年
   「うちわ太鼓の歌」 東グリーンランド・アンマサリック地方、エスキモー、1962年
   「男たちの歌”ディド”」 西ニューギニア・中央高地、アイポ族、1979年
   「楽弓の伴奏による王女マゴゴ・カ・ディヌズルの三つの歌」 南アフリカ・ナタール、ズールー族、1968年
   ほか計10作品
   参加費:500円・各回50名(当日先着)
   申込:不要。当日直接会場へ

エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(EC)活用プロジェクトとは?

ドイツで制作されたECフィルムは各国機関に渡り、日本でも1970年より下中記念財団によって、アジアで
 唯一のフルセットの映像が管理・運用されてきました。2012年、「EC活用プロジェクト」が立ち上がり、活用
 方法の施行錯誤が始まっています。
 詳しくは→ecfilm.net

お問合せ

公益財団法人 せたがや文化財団 生活工房

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4丁目1番地1 キャロットタワー
  電話 03-5432-1543  MAIL:info@setagaya-ldc.net   WEB:http://www.setagaya-ldc.net

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷文化生活情報センター 生活工房

電話番号03-5432-1543

ファクシミリ03-5432-1559

このページは文化・芸術振興課(電話03-5432-2124 ファクシミリ03-5432-3005)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ