こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

世田谷美術館分館  向井潤吉アトリエ館 「向井潤吉 民家の旅 風土のかたちを求めて」

更新日:平成30年9月1日

ページ番号:0161656

イベント名世田谷美術館分館  向井潤吉アトリエ館「向井潤吉 民家の旅 風土のかたちを求めて」
日程平成30年9月8日(土曜日)から平成31年3月17日(日曜日)まで
休館日:毎週月曜日(ただし、祝日・休日と重なった場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12月29日から1月3日)
時間午前10時から午後6時まで(最終入場は午後5時30分まで)
会場世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館
1

戦前、戦後をとおして活躍した洋画家・向井潤吉(1901年から1995年)は、1945年以降、日本各地を訪ね歩き、失われゆく草葺屋根の民家を描くことにその後半生を捧げました。
 世界遺産となった白川郷の「合掌造り」や、雪深い地方の特徴的な屋根をもつ「兜造り」、母屋と馬屋がL字の形をかたちづくる「曲がり家」など、約40年間におよぶ旅の中で、向井は各地の特徴的な民家の数々を描きました。
 向井潤吉の作品には、こうした民家の造形美が、周囲の自然と一体感をもって表現されています。また、そこで暮らす人々の息づかいをも感じ取ることができます。
 「民家はその生まれた土地を動かずに、生活や自然環境と密着してこそ初めて美しい」(「よみがえる民家」『東京新聞』1973年3月28日)と語った向井は、民家のある風景をとおして風土の美を感じとり、描きあらわそうとしたといえるでしょう。
 本展では、向井潤吉の民家シリーズを中心に、油彩、水彩作品をあわせて約40点をご紹介します。旅する画家が追い求めた、風土のかたちの数々をお楽しみください。                                              

観覧料

一般:200円(160円)   大学生・高校生:150円(120円)   65歳以上/中学生・小学生:100円(80円)
 ※( )内は20名以上の団体料金。
 ※障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料。
  介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。証明書をご提示のうえ、お申し出ください。
 ※小・中学生は土曜日、日曜日、祝日、休日は無料。

イベント情報

担当学芸員によるギャラリートーク

【日時】 平成30年12月15日(土曜日) 午前11時から
       平成31年 2月  9日(土曜日) 午前11時から  
         ※いずれも20分程度、参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要
   

同時開催 

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー                                                                                                                             〒157-0066  東京都世田谷区成城2-22-17   TEL:03-3416-1202 
清川泰次 昭和の学生旅行   平成30年9月8日(土曜日)から平成31年3月17日(日曜日)                                                                           

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館                                                                  
〒158-0083  東京都世田谷区奥沢5-38-13  TEL:03-5483-3836 
宮本三郎 装飾性の展開  平成30年9月8日(土曜日)から平成31年3月17日(日曜日)                                                                          

世田谷美術館 
〒157-0075  東京都世田谷区砧公園1-2   TEL:03-3415-6011(代表) 
         ※詳細はホームページなどでご確認ください。
【企画展
民家の画家 向井潤吉 人物交流記  
 【日程】平成30年9月8日(土曜日)から平成30年11月4日(日曜日)  
 【場所】世田谷美術館1階展示室
2018年秋、世田谷美術館で16年ぶりの向井潤吉展が開催されます!
本展では、向井潤吉の画業を主軸としつつ、彼が感慨をこめて綴ったさまざまなエッセイを手ががりとして構成します。文中に登場する向井が交流をもったさまざまな人々の作品や諸資料をご紹介し、向井潤吉の画家としての足跡を辿ります。また、民家シリーズの代表作も多数出品されます。向井潤吉アトリエ館とあわせて、ぜひご覧ください。
※内容および料金など詳細は美術館ホームページなどでご確認ください。

○ブルーノ・ムナーリ ― 役に立たない機械をつくった男 
                        平成30年11月17日(土曜日)から平成31年1月27日(日曜日) 
○田沼武能写真展 東京わが残像 1948―1964 
                        平成31年2月9日(土曜日)から平成31年4月14日(日曜日)                                    

【ミュージアム コレクション】
ミュージアム コレクション2 東京スケイプ Into the City 
               平成30年7月21日(土曜日)から平成30年10月21日(日曜日)
○ミュージアム コレクション3 アフリカ現代美術コレクションのすべて 
               平成30年11月3日(土曜日)から平成31年4月7日(日曜日)

  
 

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

向井潤吉アトリエ館

電話番号03-5450-9581

ファクシミリ03-5450-9583

このページは、文化・芸術振興課(03-5432-2125)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ