こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館「宮本三郎  装飾性の展開」

更新日:平成30年9月1日

ページ番号:0161635

イベント名世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館 「宮本三郎 装飾性の展開」
日程平成30年9月8日(土曜日)から平成31年3月17日(日曜日)まで
休館日:毎週月曜日(ただし、祝日・休日と重なった場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12月29日から1月3日)
時間午前10時から午後6時まで(最終入館は午後5時30分まで)
会場世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

1

 写実表現を得意としていた洋画家・宮本三郎(1905年から1974年)。生前より定評のあったその描写力は、ともすれば技巧的ともとられかねないものかもしれません。一方で、宮本の作品を眺めるとき、平坦な背景や画面構成のあり方にも目が留まります。宮本の技術を際立たせ、さらに作品としての魅力とバランスを与えていたのは、この、フラットで装飾的な画面構成だったのではないでしょうか―本展では、そうした問いから出発して、「装飾性」をキーワードに、初期から晩年までの宮本三郎の画業を追います。
 また、生涯のうち二度の渡欧を実現し、さらに西欧の美術に多くを学んでいた宮本ですが、それは同時に、自身が「日本の洋画家」であることの意味と意義を追求することを意味していました。日本美術の特色の一つともいえる装飾性は、たとえば江戸時代の浮世絵がクロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホに驚きをもって迎え入れられたように、海外の画家たちにも深く影響を与えています。それが、宮本の作品世界にある種のアイデンティティとオリジナリティを与える要素であったともいえることを、数多くの作品が物語っています。
 生涯を通じて多彩な表現に挑み続けた宮本三郎。その作品世界に通底する魅力を、「装飾性の展開」という視点から探ります。              

観覧料

一般:200円(160円)   大学生・高校生:150円(120円)   65歳以上/中学生・小学生:100円(80円) 
 ※( )内は20名以上の団体料金
 ※障害者の方は100円(80円)。ただし、小・中・高・大学生の障害者は無料。
  介助者(当該障害者1名につき1名)は無料 。証明書をご提示のうえ、お申し出ください。
 ※小・中学生は土曜日、日曜日、祝日、休日は無料。 

イベント情報

担当学芸員による ギャラリートーク

【日時】平成30年11月24日(土曜日)  午前11時から
       平成31年 3月 2日(土曜日)   午前11時から 
   ※いずれも20分程度、参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要                                                                  

講座室活動

宮本三郎記念美術館では、年間を通して講演会やワークショップ、コンサートなどを開催しています。詳細が決まりましたら順次ホームページなどでお知らせして参ります。

同時開催

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館≫                                                                                                                                〒154-0016  東京都世田谷区弦巻2-5-1   TEL:03-5450-9581                                                                                            ○向井潤吉 民家の旅 風土のかたちを求めて  平成30年9月8日(土曜日)から平成31年3月17日(日曜日)

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー                                                                                                                             〒157-0066  東京都世田谷区成城2-22-17   TEL:03-3416-1202                                                                                               ○清川泰次 昭和の学生旅行             平成30年9月8日(土曜日)から平成31年3月17日(日曜日)

世田谷美術館 
〒157-0075  東京都世田谷区砧公園1-2   TEL:03-3415-6011(代表)
   ※詳細はホームページなどでご確認ください。
【企画展】
○民家の画家 向井潤吉 人物交流記     平成30年9月8日(土曜日)から平成30年11月4日(日曜日)
ブルーノ・ムナーリ  ―  役に立たない機械をつくった男  
                 平成30年11月17日(土曜日)から平成31年1月27日(日曜日)
○田沼武能写真展 東京わが残像 1948―1964 
                 平成31年2月9日(土曜日)から平成31年4月14日(日曜日)
【ミュージアムコレクション】
○ミュージアム コレクション2 東京スケイプ Into the City
                 平成30年7月21日(土曜日)から平成30年10月21日(日曜日)
ミュージアム コレクション3 アフリカ現代美術コレクションのすべて 
                平成30年11月3日(土曜日)から平成31年4月7日(日曜日)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

宮本三郎記念美術館

電話番号03-5483-3836

ファクシミリ03-3722-5181

このページは、文化・芸術振興課(03-5432-2127)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ