こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

【世田谷美術館】ミュージアム コレクション3 アフリカ現代美術コレクションのすべて

更新日:平成30年10月16日

ページ番号:0159224

イベント名ミュージアム コレクション3 アフリカ現代美術コレクションのすべて
日程平成30年11月3日(土曜日)から平成31年4月7日(日曜日)
時間午前10時から午後6時まで(最終入場は午後5時30分まで)
会場世田谷美術館 2階展示室

All of the African Contemporary Art Collection

1960年前後に相次いで独立して以来、さまざまな困難に直面しながらも、近年はめざましい経済発展を遂げているアフリカ諸国。美術に目を向けると、複雑で多様な歴史的・文化的背景をそれぞれに折り込みながら、精力的に作品を制作するアフリカ出身のアーティストが数多く登場しています。彼らの作品は1990年頃から欧米で注目され、2000年代以降はわが国でも急速に関心が高まっています。
 世田谷美術館では早くからアフリカに注目してきました。1989年にガーナ出身のサカ・アクエの個展を、また1995年には西および中部アフリカ出身の作家たちに着目する「インサイド・ストーリー:同時代のアフリカ美術」展を開催し、それまでアフリカ美術の紹介といえば伝統的な仮面や神像、あるいは素朴な民衆絵画が中心だったわが国の動向に、一石を投じました。本展では、これらの展覧会をきっかけに収蔵した9作家の作品を一堂に展観します。

出品作家
 サカ・アクエ(1927年から2007年)、アナパ(1962年から)、ソカリ・ダグラス・キャンプ(1958年から)
 ムスタファ・ディメ(1952年から1998年)、エル・アナツイ(1944年から)、
 アブラデ・グローヴァー(1934年から)、アブドゥライ・コナテ(1953年から)
 イッサ・サンブ(1945年から2017年)、パスカル・マルチーヌ・タユ(1966年から)

      3   4

開催場所

世田谷美術館(世田谷区砧公園1丁目2番)2階展示室

休館日

毎週月曜日
 ※ただし平成30年12月24日(月曜日・振替休日)、平成31年1月14日(祝日)、2月11日(祝日)は開館
   平成30年12月25日(火曜日)、平成30年12月29日(土曜日)から平成31年1月3日(木曜日)、
   1月15日(火曜日)、2月12日(火曜日)は休館

観覧料

当日 団体
一般 200円   160円
65歳以上

100円

  80円

大学生・高校生  150円  120円
中学生・小学生  100円  80円

※団体は20名以上
 ※障害者の方は100円(団体80円)。 ただし、小・中・高・大学生の障害者の方は無料。
   介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。 
 ※小・中学生は土曜日、日曜日、祝日、休日は無料。
 ※平成31年3月30日(土曜日)は世田谷美術館の開館記念日につき無料。
 ※同時開催の企画展チケットで本展をご覧いただけます。

関連企画

トーク「美術・音楽・文学にみるアフリカの今」

 本展担当学芸員が聞き手となるトークシリーズです。

1.「複数の語りの共存をめざして-アフリカの同時代美術の30年」

 【日時】 平成30年11月4日(日曜日) 午後2時から午後3時
   【出演】 川口幸也(立教大学教授) 

2.「フォークとポップが交差するとき-アフリカン・ポップスの魅惑」

 【日時】 平成31年2月11日(月曜日・祝日) 午後2時から午後3時
   【出演】 鈴木裕之(国士舘大学教授)

3.「知っていることのその奥へ―絵本をとおしてみるアフリカ」

 【日時】 平成31年4月7日(日曜日) 午後2時から午後3時
   【出演】 村田はるせ(アフリカ文学研究者)

※聞き手=各回とも塚田美紀(世田谷美術館学芸員)
  ※会場・定員など=各回とも世田谷美術館講堂、先着140名、参加無料、手話通訳付き
  ※各回とも当日午後1時からエントランス・ホールで整理券を配布します。

イベント情報 

子どもとおでかけ美術館「アフリカの おと いろ どうぶつの おはなし会」    

展示室で鑑賞のヒントをお話しした後、講義室にて本展のテーマや出品作品にちなんだ絵本の読み聞かせなどを行います。幼児から大人まで、みなさまご一緒に、美術館へのおでかけをお楽しみください。
 【日時】 平成31年3月9日(土曜日) 午後3時から午後3時40分
 【出演】 おはなし広場 
 【定員など】 10組程度、当日先着順、要展覧会観覧料 ※詳細は世田谷美術館HPをご覧ください。

美術と演劇のワークショップ「えんげきのえ」

展覧会を見てわいてくる疑問や感想を共有しながら、美術とのつきあい方、演劇の第一歩をさぐります。
 【日時】 平成31年3月23日(土曜日) 午後1時から午後6時
 【講師】 柏木陽(演劇家、NPO法人演劇百貨店代表)、塚田美紀(世田谷美術館学芸員)
 【会場・定員など】 世田谷美術館講堂、10歳以上の方・申込先着15名
 【参加費】 10代の方:500円 20歳以上の方:2,000円
 ※平成31年2月1日(金曜日)より世田谷美術館HPにて申込受付
 ※平成31年3月24日(日曜日)、これまでの「えんげきのえ」に関するトークも開催。
  詳細は世田谷美術館HPをご覧ください。

100円ワークショップ

子どもから大人まで、どなたでもその場で参加できる工作。
 【日時】 平成30年11月17日(土曜日)から平成31年1月26日(土曜日)の毎土曜日(12月29日を除く)
      午後1時から午後3時
 【会場】 地下創作室
 【参加費】 1回100円

小コーナー展示 

追悼―保田春彦(1930年から2018年)

同時開催企画展

◆民家の画家 向井潤吉 人物交流記  平成30年9月8日(土曜日)から11月4日(日曜日)

ブルーノ・ムナーリ ― 役に立たない機械をつくった男 
           平成30年11月17日(土曜日)から平成31年1月27日(日曜日)

◆田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964
           平成31年2月9日(土曜日)から4月14日(日曜日)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷美術館

電話番号03-3415-6011

ファクシミリ03-3415-6413

このページは、文化・芸術振興課が作成しました。
電話 03-5432-2124

トップページへ戻る

このページのトップへ