こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷美術館分館  向井潤吉アトリエ館「向井潤吉1970'sー1980's 民家集大成」

更新日:平成29年12月16日

ページ番号:0156960

イベント名世田谷美術館分館  向井潤吉アトリエ館『向井潤吉1970'sー1980's 民家集大成』
日程平成29年12月16日(土曜日)から平成30年3月18日(日曜日)まで
時間午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
会場世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館


民家集大成 

向井潤吉(1901-1995)は、10代半ばより京都の関西美術院にて洋画を学び、戦前には単身渡欧して研鑚を積み、戦中の従軍経験を経て、戦後より一貫して全国各地の民家を描き続けた画家です。平成29年度は、その画業を3期にわけて取り上げ、最終回となる本展では、1970年代から1980年代の作品を中心に、その円熟味を増した創造の世界をご紹介します。                                               

向井潤吉の民家を描き重ねる旅は、70代、そして80代と、齢を重ねても、たゆまず続けられました。現場にイーゼルを立て、民家と向き合う“現場主義”を向井は貫いたのです。
 向井は、かつて描いた場所を懐かしんで後年訪れるようなことをしなかったといいます。

「一期一会という言葉は、私にとって風景に対するとき、さまざまに痛感させられる。もう一度訪ねようと考えても、ぐっと歯を食いしばるようにして諦める場合が多い。いつまでも珍重凍結しておきたい風景はむしろ心の底にある。空、雲のいろ、陽と曇りの度合いなど。」
                           『米寿記念 向井潤吉展』朝日新聞社、1990(平成2)年

この言葉には、多くの人々が顧みなかった社会の側面を見つめ続けた一人の画家の、失われていった風景への深い感慨が込められています。
 戦後の高度経済成長、そして過疎、公害などの諸課題を抱えつつ、1980年代にはバブル期の騒乱と崩壊を日本は経験しました。人々の生活や思考、価値観は大きく変化し、日本古来の民家は過去の遺物となってしまいました。しかし、やがて大量生産、大量消費の時代への懐疑も生じはじめ、今日、向井が追い求めた草屋根の民家は、古民家という言葉に置き換えられながらも、新たな価値観を示す存在として光を得つつあります。
 戦後から約40年間にわたり、日本列島の変遷を写しとった向井の作品を、叙情的で感傷的な表現として観るだけではなく、むしろそれぞれが描かれた時の出来事や社会状況と照らし合わせることが、向井潤吉の画業の内面に潜んでいる同時代性を探り出すことにつながるのだといえるのではないでしょうか。                 

 

開催場所

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 (世田谷区弦巻2-5-1)

休館日

毎週月曜日、年末年始( 平成29年12月29日から平成30年1月3日)
   ただし、平成30年1月8日(月曜日・祝日)、2月12日(月曜日・振替休日)は開館、

       1月9日(火曜日)、2月13日(火曜日)は休館                                                                                      

観覧料

  • 一般:200円(160円)
  • 大学生・高校生:150円(120円) 
  • 65歳以上/中学生・小学生:100円(80円)

(補足) 

括弧内は20名以上の団体料金。

障害者の方は100円(80円)。ただし小・中・高・大学生の障害者は無料。障害者の介助者(当該障害者1名につ    き、1名に限る)は無料。

※証明書をご提示のうえ、お申し出ください。

小・中学生は土曜日、日曜日、祝日、休日は無料。

イベント情報

「担当学芸員によるギャラリートーク」

  【日時】 平成29年12月16日(土曜日) 午前11時から 
    【場所】   清川泰次記念ギャラリー 

  【日時】 平成29年12月23日(土曜日・祝日) 午前11時から
    【場所】   向井潤吉アトリエ館
   
※いずれも20分程度、参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要

「宮本三郎記念デッサン大賞展」 関連ギャラリートーク

  【日時】 平成29年12月17日(日曜日)  午後1時30分から午後2時
     【場所】  宮本三郎記念美術館
    【講師】 大橋由美子氏(小松市立宮本三郎美術館学芸員)
     ※参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要

同時開催 

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー                                                                                                                             〒157-0066  東京都世田谷区成城2-22-17   TEL:03-3416-1202                                                                               《清川泰次 平面と立体》         
 平成29年12月16日(土曜日)から平成30年3月18日(日曜日)

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館                                                                   〒158-0083  東京都世田谷区奥沢5-38-13  TEL:03-5483-3836                                                              《第4回 宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」》                                                           
  平成29年12月16日(土曜日)から平成30年3月18日(日曜日)

世田谷美術館休館のお知らせ                                                       

世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2)は、改修工事のため 平成29年7月3日(月曜日)から平成30年1月12日(金曜日)の間、休館いたします。1月13日(土曜日)より再開いたします。

  

  
 

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

向井潤吉アトリエ館

電話番号03-5450-9581

ファクシミリ03-5450-9583

このページは、文化・芸術振興課(03-5432-2125)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ