こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

【世田谷美術館】 パリジェンヌ展~時代を映す女性たち~

更新日:平成29年11月1日

ページ番号:0156053

イベント名世田谷美術館 「パリジェンヌ展~時代を映す女性たち~」
日程平成30年1月13日(土曜日)から平成30年4月1日(日曜日)
時間午前10時から午後6時まで(入場は午後5時30分まで)
会場世田谷美術館

 しなやかに時代を生きるパリジェンヌたち


パリジェンヌ展 

パリという魅力あふれる都市に生きる女性、パリジェンヌ。サロンを仕切る知的な女主人、子を慈しむ美しい母、流行を生み出すファッショニスタ、画家のミューズ、そして自ら道を切り開き才能を開花させた画家や女優ーその多様な生き方は、今なお私たちを惹きつけてやみません。本展覧会では、マネの《街の歌い手》をはじめ、ドガやルノアールなど印象派の巨匠が描いた女性の肖像、カサットやモリゾなど女性芸術家による傑作、カルダンやバレンシアガの斬新なドレスからブリジット・バルドーほか映画や舞台で活躍した女優のポートレートまで、ボストン美術館所蔵の多彩な作品約120点を通して、18世紀から20世紀のパリを体現する女性たちの姿に迫ります。                                

 1  パリという舞台ー邸宅と劇場にみる18世紀のエレガンス
    2  日々の生活ー家庭と仕事、女性の役割
    3  「パリジェンヌ」の確立ー憧れのスタイル
    4  芸術をとりまく環境-制作者、モデル、ミューズ
    5  モダン・シーンー舞台、街角、スタジオ    

マネの大作、修復後初公開                 

約70年ぶりの修復を経て公開されるマネの大作《街の歌い手》。これまで鈍いねずみ色だった上着やスカートは、青みがかったシックなグレーに。細いストライプも浮き出て、最新流行の装いであることが判明。扉の奥の居酒屋の様子もよりよく見えます。      


 

開催場所

世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2)

休館日

月曜日 ※ただし平成30年2月12日(月曜日・振替休日)は開館、翌13日(火曜日)は休館

観覧料(税込)

当日 前売/団体
一般 1,500円      1,300円
65歳以上

1,200円

   1,000円

大学生・高校生  900円    700円
中学生・小学生  500円    300円

グッズセット券(2000枚限定)、早割りペア券(2枚セット・2,000円(税込))あり。詳しくはチラシをご覧ください。

(補足)   

  • 団体は20名以上
  • 障害者の方は500円(介助の方1名まで無料)、大高中小生の障害者の方は無料 
  • リピーター割引/会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金でご覧いただけます。
  • 早割ペア券(2枚セット・2,000円)は平成29年9月6日(水曜日)から11月30日(木曜日)まで、通常前売券は平成29年10月5日(木曜日)から平成30年1月12日(金曜日)まで販売。

主催

 世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、ボストン美術館、NHK、NHKプロモーション

後援

アメリカ大使館、世田谷区、世田谷区教育委員会

協賛

大日本印刷

協力

日本航空、日本貨物航空、小田急電鉄、東急電鉄

イベント

レクチャー[手話通訳付き]

本展の中心的なテーマ、「女性画家」と「ファッション」についてお話しいただきます。

  1. 「画家として、女として、パリジェンヌとしてーベル・エポックの女性群像」

【日時】平成30年1月14日(日曜日)午後2時から午後3時30分(開場は午後1時30分)
  【講師】千足伸行(広島県立美術館 館長)

 2.   「アートとオートクチュールの緊密な関係ーアメリカ女性とパリジェンヌ」 

【日時】平成30年1月27日(土曜日)午後2時から午後3時30分(開場は午後1時30分)
   【講師】深井晃子(京都服飾文化研究財団理事、名誉キュレーター)

トーク[手話通訳付き]

「ダンス」と「エキゾティシズム」という切り口から、「パリジェンヌ」について考えます。

1.「踊るパリジェンヌー舞台に立った女性たち」

【日時】平成30年2月12日(月曜日・振替休日)午後2時から午後3時(午後1時30分開場)
   【講師】芳賀直子(舞踊史研究家)
   【聞き手】塚田美紀(本展担当学芸員)

 2.  「褐色の肌のパリジェンヌーエキゾティシズムが生んだミューズたち」

【日時】平成30年2月24日(土曜日)午後2時から午後3時(午後1時30分開場)
  【講師】くぼたのぞみ(翻訳家、詩人)
  【聞き手】塚田美紀(本展担当学芸員)

ミニレクチャー

短時間で展覧会の見どころを紹介します。

「30分でよくわかる!パリジェンヌ展のポイント」

 【日時】平成30年1月26日(金曜日)、2月23日(金曜日)、3月30日(金曜日)
      各日とも午後3時30分から午後4時(午後3時15分開場)
    【講師】塚田美紀(本展担当学芸員)

≪レクチャー、トーク、ミニレクチャーともに≫
 
 【会場】世田谷美術館 講堂
  【定員】各日とも当日先着140名
  【参加費】無料
    ※レクチャーおよびトークは当日午後1時から、ミニレクチャーは当日午後3時から整理券を配布します。

100円ワークショップ「おフランス・フレグランス」

子どもから大人まで、誰でもその場で参加できる工作コーナー。魅惑的なレースやリボンに好みの香りをあわ    せてサシェ(匂い袋)を作ります。

【日時】会期中の毎土曜日  午後1時から午後3時(随時受付)
   【会場】世田谷美術館 地下創作室
 【参加費】1回100円

(音声ガイド)スペシャル・ナビゲーターは中村江里子さん! 

  パリに暮らす中村さんからみた「パリジェンヌ}とは・・・?
    ロココから戦後まで、その装いと生き方を通して彼女たちの魅力に迫ります。
    1台520円(税込)
    【出演】中村江里子(フリーアナウンサー)、梅原裕一郎(声優)

世田谷美術館 アートライブラリーのご案内

当館2階には、自由にご覧いただける美術の専門図書室があります。展覧会で気になる作家や作品がありましたら、お気軽にお立ち寄りください。関連資料を取り揃えてお待ちしています。

(補足)詳細は世田谷美術館にお問い合わせいただくか、リンク先ホームページをご覧ください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷美術館

電話番号03-3415-6011

ファクシミリ03-3415-6413

このページは、文化・芸術振興課が作成しました。
電話 03-5432-2124

トップページへ戻る

このページのトップへ