こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

【生活工房】DAYS JAPAN写真展2017 地球の上に生きる 世界の未来をつくるために

更新日:平成29年5月20日

ページ番号:0153018

イベント名DAYS JAPAN写真展2017 地球の上に生きる 世界の未来をつくるために
日程平成29年5月20日(土曜日)から6月11日(日曜日)まで
月曜休み  入場無料
時間午前11時から午後7時まで
ただし、最終日は午後5時まで
会場生活工房 ワークショップルームB(世田谷区三軒茶屋4-1-1 三軒茶屋キャロットタワー4階)

世界の未来をつくるために

DAYS JAPAN 2017

世界には、今この瞬間も厳しい現実に直面して暮らす人々がいます。                                                                 フォトジャーナリストたちが記録したファインダー越しの世界は、 紛れもなく本当の現実です。そして、そんな困難な状況下でも、彼ら/彼女らは日本に暮らす私たちと同じように、与えられた日々を懸命に生きています。                                                                                     その日々と私たちの生活は決して無関係ではなく、日本そして世田谷も、世界とつながっています。                                                                                                                   DAYS国際フォトジャーナリズム大賞 2017受賞作品の展示や関連イベントが、多くの方にとって、世界で起きている問題に気づき、向き合い、考えることの第一歩となるように願います。

関連展示                                                                                                

「写真展」 フォトジャーナリストが伝える-世界の自然災害と人々

これまでのDAYS国際フォトジャーナリズム大賞受賞作品の中から、自然災害に焦点を当てた作品を展示します。

【日時】 平成29年5月20日(土曜日)から6月11日(日曜日)  会期中無休  午前9時から午後8時(最終日は午後5時まで)

【会場】 生活工房ギャラリー(太子堂4-1-1 キャロットタワー3階)

 

関連イベント 

トークイベント 「わたしのフォトジャーナリズム~”人間の戦場"から」

フォトジャーナリスト・広河隆一さんは、死と隣り合わせの現場に立ち、世界の様々な問題を写真を通じて伝え続けています。世界の現状を理解すること、それらの問題に対してどう向き合うべきか?ジャーナリストとしての想いを伺います。

【日時】 平成29年5月20日(土曜日)  午後2時から午後4時

【会場】 生活工房 セミナールームAB(太子堂4-1-1 キャロットタワー5階)

【トークゲスト】  広河隆一(フォトジャーナリスト、DAYS JAPAN発行人)

【参加費】 500円

【定員】 60名(申込先着順)

《広河隆一プロフィール》

1943年生まれ。1967年早稲田大学卒業後、イスラエルに渡り中東戦争に直面。1970年に帰国後もパレスチナの中東問題とチェルノブイリの核問題を中心に取材を重ね、IOJ世界報道写真コンテスト大賞、講談社出版文化大賞、早稲田ジャーナリズム大賞、土門拳賞など受賞歴多数。チェルノブイリ子ども基金の設立者。福島の子どもの保養プロジェクト「NPO法人沖縄・球美(くみ)の里」名誉理事長。
 

 

関連イベントへの参加申込み方法 

(1)氏名、(2)電話番号、(3)年齢,を明記の上、以下のいずれかの方法で、生活工房までお申込みください。

  • メール:info@setagaya-ldc.net
    件名に「広河隆一トークイベント参加申込み」と記入。
    (補足)携帯電話のアドレスでお申込み頂く場合は、パソコンからのメールが受信できるように設定して下さい。
  • 電話:03-5432-1543
  • 生活工房ホームページ:http://www.setagaya-ldc.net/新しいウィンドウが開きます)
     

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房、株式会社デイズジャパン
  企画:株式会社世田谷社
  後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷文化生活情報センター 生活工房

電話番号03-5432-1543

ファクシミリ03-5432-1559

このページは文化・芸術振興課(電話03-5432-2124 ファクシミリ03-5432-3005)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ