こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

【生活工房】DAYS JAPAN写真展2018 地球の上に生きる 世界の未来をつくるために

更新日:平成30年5月14日

ページ番号:0153018

日程平成30年5月19日(土曜日)から平成30年6月10日(日曜日)まで
月曜休み  入場無料
時間午前11時から午後7時まで
(最終日は午後5時まで)
会場生活工房 ワークショップルームB/生活工房ギャラリー(三軒茶屋キャロットタワー3・4階)

世界の未来をつくるために

フォトジャーナリストたちが記録した『ファインダー越しの世界』は、その現実的な厳しさを、改めて私たちの眼の前に突きつけてきます。そして、そんな困難な状況下でも、彼ら/彼女らは日本に暮らす私たちと同じように、与えられた日々を懸命に生きています。その日々と私たちの生活の間には境界などなく、日本そして世田谷も、世界とつながっています。

1

 DAYS国際フォトジャーナリズム大賞 2018受賞作品の展示や関連イベントが、多くの方にとって、世界で起きている問題に気づき、向き合い、考えることの第一歩となるように願います。                                                                                                                                                                  

関連イベント 

トークイベント(短編映画上映付き) 『日本人看護師が見てきたシリアの市民たち』

国境なき医師団の看護師として紛争地を奔走している白川優子さんに、実際に戦地で見てきた人々の姿、写真だけではわからないシリアの日常についてお話しいただきます。
 また、爆撃により閉じ込められ負傷した民間人の救助に向かうボランティア団体「シリア民間防衛隊(ホワイト・ヘルメット)」を追った短編ドキュメンタリー映画を上映します。
  【上映作品】 第89回アカデミー賞 短編ドキュメンタリー映画賞受賞作品
          「ホワイトヘルメット シリアの民間防衛隊」(The White Helmets)
          〔字幕〕2016年/イギリス/40分 
  【日時】 平成30年6月3日(日曜日)  午後2時から午後4時
  【会場】 世田谷文化生活情報センター 5階セミナールームAB
  【トークゲスト】  白川 優子  国境なき医師団(MSF)手術室看護師
  【参加費】 無料
  【定員】 100名(申込先着順)

《白川優子プロフィール》
 7歳の時にテレビで観たMSFに感銘を受ける。高校卒業後、4年制(当時)の坂戸鶴ヶ島医師会立看護専門学校に入学。卒業後は埼玉県内の病院で外科、手術室、産婦人科を中心に約7年間看護師として勤務。2003年にオーストラリアに渡り、2006年にオーストラリアン・カソリック大学看護学部を卒業。その後約4年間、メルボルンの医療機関で外科や手術室を中心に看護師として勤務。2010年、MSFに参加。1973年11月7日生まれ。埼玉県出身。  

関連イベントへの参加申込み方法  (4月25日10時より受付開始)

(1)氏名(2)電話番号(3)年齢を明記の上、下記のいずれかの方法で、生活工房まで。


主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房、株式会社デイズジャパン
  企画:株式会社世田谷社
  後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷文化生活情報センター 生活工房

電話番号03-5432-1543

ファクシミリ03-5432-1559

このページは文化・芸術振興課(電話03-5432-2124 ファクシミリ03-5432-3005)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ