こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷文学館リオープン記念企画展 第1弾 ムットー二・パラダイス

更新日:平成29年4月29日

ページ番号:0152856

イベント名ムットーニ・パラダイス
日程平成28年4月29日(土曜日・祝日)から平成28年6月25日(日曜日)
時間午前10時から午後6時(展覧会入場、ミュージアムショップは午後5時30分まで)
会場世田谷文学館 2階展示室(東京都世田谷区南烏山1丁目10番10号)

上橋菜穂子〈精霊の守り人〉展

自動からくり人形作家「ムットーニ」こと武藤政彦。人形と装置の多様な動きに合わせ、音楽、光、本人の語りなどが重なり合いながら物語や世界観が表現されるその作品は、他に類のないアート作品として多くの人びとを魅了しています。1987年に初めてのからくり人形作品《天国と地獄》を発表し、今年でキァリア30年を迎えたムットーニの集大成となる展覧会です。近年の代表作《ジャングル・パラダイス》や《蜘蛛の糸》に至るまでムットーニは小さな箱で人形が一回りする数分間の円環運動の中に、主人公が悩みや苦しみのない世界(Paradise= 楽園・天国)を希求しながら再び現実の世界へと帰還していく普遍的な物語を閉じ込めてきました。本展では、これまでの代表作のほか初期の油彩画や創作過程のラフスケッチ、そして初公開となる最新作《ヘル・パラダイス》など多彩な内容で、ムットーニの作品世界をご紹介します。

 

ムットーニ

1956年 横浜生まれ。 本名・武藤政彦。 少年時代は人に話を聞かせることや油粘土のジオラマを作ることが好きな「お話小僧」 「粘土小僧」だった。                                                                                              中学・高校時代、プラスバンドでトランペットを吹くかたらわ油彩画を描き始める。

1979年 創形美術学校研究科終了。

1980年代半ば、ヨーロッパ外遊を境に徐々に油絵から立体作品へと移行する。

1987年 初めての電動式からくり人形作品《天国と地獄》を発表。

1990年頃より、複雑な人形の動きとストーリー性が加わり、光、音、装置転換、本人の語りなどの要素が絡み合う現在の「ボックス・シアター」スタイルを確立。前人未踏のからくり人形の世界を開拓し続けながら、日本各地で展覧会を開催している。

開催場所

世田谷文学館 (世田谷区南烏山1-10-10)

休館日

毎週月曜日

観覧料ほか

一般=800(640)円

65歳以上・高校・大学生=600(480)円

小・中学生=300(240)円

障害者手帳をお持ちの方400(320)円

  • ( )内は20名以上の団体割引 
  • 4月29日(土曜日・祝日)は開館記念観覧無料
  • 5月5日(金曜日・祝日)は65才以上無料
  • 6月3日(土曜日)は地域催事に伴う観覧無料 

[主催] 公益財団法人せたがや文化財団  世田谷文学館

[後援] 世田谷区、世田谷区教育委員会

[協賛] 東邦ホールディングス株式会社

関連イベント

1.ギャラリートーク   (ムットーニ本人が作品をご案内します。)

【日時】 会期中の毎土・日曜日    14:00~/16:30~(所要時間約40分) 事前申込不要(ただし展覧会観覧料がかかります) 

   ※観覧者多数の場合は入場を制限させていただく場合があります。 

   ※上演内容は回により異なる場合があります。 

 

 

2.スペシャルツアー  (少人数限定でムットーニの語りを聴く特別上演会です。)

【日時】 5月6日(土曜日)/5月20日(土曜日)/6月17日(土曜日)  各日18:00~(所要時間約60分)

【定員】    各回抽選40名  

【料金】    無料 (ただし展覧会観覧料がかかります)     

【申込方法】 世田谷文学館HP(http://www.setabun.or.jp/)のイベント申し込みフォームからお申し込みください。

 

3. 露天商 ・ 楽園  (ムットーニ手作りの小物を販売する一日限りの屋台です。)

【日時】 6月17日(土曜日)  11:00~(10:00より整理券配布。売切れ次第終了) 事前申込不要 

【会場】 1Fロビー                           

同時開催コレクション展

※ up pictura poesis-詩は絵のように                                                                                                 

 コ レクションにみる文学を彩る書画の魅力 

【日時】4月29日(土曜日/祝日)~9月18日(月曜日/祝日)

次回企画展

※ 山へ!展   to the mountains   7月15日(土曜日・.祝日)から9月18日(月曜日・祝日)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷文学館

電話番号03-5374-9111

ファクシミリ03-5374-9120

このページは、文化・芸術振興課(電話5432-2125)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ