こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 「向井潤吉 1910's-1950's 民家への道」

更新日:平成29年3月27日

ページ番号:0152275

イベント名世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 『向井潤吉 1910's-1950's 民家への道』
日程平成29年4月1日(土曜日)から平成29年7月23日(日曜日)まで
時間午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
会場世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館


民家への道 

向井潤吉(1901-1995)の画業は、青年時代の洋画との出会いから数えれば、70余年にわたります。平成29年度の向井潤吉アトリエ館では、その画業を3期にわけてご紹介し、第1期では1910年代から1950年代までに作品にふれてまいります。

向井潤吉は、京都の宮大工の家系に生まれ、10代半ばで絵画の道へと進みました。日本近代洋画の先駆者、浅井忠が創設した関西美術院に通い、徹底した写実表現の基礎を学びます。また、25歳で単身渡欧し、2年余りのパリ生活で同時代の美術の潮流にもふれるとともに、ルーヴル美術館で古典絵画の模写を重ね、油彩画の技法を研究しました。帰国後、戦時中には従軍画家として中国、フィリピン、ビルマに赴き、作戦記録画の制作に従事します。戦地のただ中で、向井は現地の自然風景や、休息する兵士達の姿などもスケッチに残しました。

終戦間際、戦地から戻った向井は、自宅の防空壕に持ちこんだ蔵書のなかから、民俗学者の柳田國男、今和次郎らが手がけた『民家図集』(緑草会編、大塚巧藝社、1930-31年)を手にし、戦災で失われる家々を描き残しておきたいという思いを抱くようになりました。そして、終戦後まもない1945年の秋、長女の疎開先だった新潟県越後川口町での制作を皮切りとして、全国各地の民家を描きはじめました。「私の民家への思慕執着は益々強まって、終生この仕事に打ちこみたいと念願している」(向井潤吉『民家と風土』美術出版社、1957年)と語った、その言葉どおり、彼の民家を巡る旅は、生涯にわたって続きました。

大正から昭和。その揺れ動く時代の中で青年期を過ごし、やがて民家というモティーフへといたるまでの、向井潤吉の歩みをご覧ください。

開催場所

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 (世田谷区弦巻2-5-1)

休館日

毎週月曜日 ただし、平成29年7月17日(月曜日・祝日)は開館、平成29年7月18日(火曜日)は休館。

観覧料

  • 一般:200円(160円)
  • 大学生・高校生:150円(120円) 
  • 65歳以上/中学生・小学生:100円(80円)

(補足) 

括弧内は20名以上の団体料金。

障害者の方は100円(80円)。ただし小・中・高・大学生の障害者は無料。障害者の介護者(当該障害者1名につき、1名に限る)は無料。

※証明書をご提示のうえ、お申し出ください。

小・中学生は土曜日、日曜日、祝日、休日、夏休み期間は無料。

イベント情報

「世田谷美術館分館 ギャラリートーク」

区内3ヶ所の分館で担当学芸員による作品解説を行います。ぜひご参加ください。

日時 平成29年5月13日(土曜日) 午前11時から 向井潤吉アトリエ館

    平成29年5月20日(土曜日) 午前11時から 宮本三郎記念美術館

    平成29年5月27日(土曜日) 午前11時から 清川泰次記念ギャラリー

 ※いずれも20分程度、参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要

 同時開催

世田谷美術館

    「花森安治の仕事-デザインする手、編集長の眼」 

  平成29年2月11日(土曜日・祝日)から平成29年4月9日(日曜日)

  「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

   平成29年4月22日(土曜日)から平成29年7月2日(日曜日)

    会場:いずれも世田谷美術館1階展示室

世田谷美術館ミュージアムコレクション3

  「ぜんぶ1986年―世田谷美術館の開館とともに」

  平成28年11月5日(土曜日)から平成29年4月9日(日曜日)

  会場:世田谷美術館2階展示室

世田谷美術館ミュージアムコレクション1

  「それぞれのふたり 淀井彩子と淀井敏夫」

  平成29年4月18日(火曜日)から平成29年7月2日(日曜日)

  会場:世田谷美術館2階展示室

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

  「清川泰次が写したパリ」

  平成29年4月1日(土曜日)から平成29年7月23日(日曜日)

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

  「宮本三郎の描く身体 THE BODY in Saburo Miyamoto's Art 」

  平成29年4月1日(土曜日)から平成29年7月23日(日曜日)


 

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

向井潤吉アトリエ館

電話番号03-5450-9581

ファクシミリ03-5450-9583

このページは、文化・芸術振興課(03-5432-2125)が作成しました。

トップページへ戻る

このページのトップへ