こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷美術館 「エリック・カール展 絵本とともに、あゆんだ道。」

更新日:平成29年3月17日

ページ番号:0151817

イベント名世田谷美術館 「エリック・カール展 絵本とともに、あゆんだ道。」
日程平成29年4月22日(土曜日)から平成29年7月2日(日曜日)まで
時間午前10時から午後6時まで(入場は午後5時30分まで)
会場世田谷美術館 

 すべての子どもたちと、かつて子どもだったおとなたちに

エリックカールチラシ
 

ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてから、およそ50年がたちました。いまも世界のどこかで、子どもが初めてこのあおむしと出会っていることでしょう。アメリカを代表する絵本作家エリック・カール(1929- )は、小さなあおむしとともに長く豊かな道を歩んできました。本展では、いまなお輝きを失わないエリック・カールの世界を約160点の原画・作品で振り返ります。カールに出会ったばかりの子どもたち、親として再会を果たしたおとなたち、カールと出会うすべての人々に色彩豊かなその世界が開かれることでしょう。

第1部 エリック・カールの世界

『はらぺこあおむし』を始め、カラフルな作品を世に送り出してきたエリック・カール。子どもたちの夢や憧れ、日々の生活や発見を、4つのテーマで紹介します。カールが最も得意とする生きものたちをとりあげる「動物たちと自然」。数、曜日、12ヶ月などでめぐる「旅」。未邦訳の作品を含む「昔話とファンタジー」。おかあさん、おとうさんとの心温まる物語を描く「家族」。シンプルななかにも繊細なコラージュの世界が展開します。

第2部 エリック・カールの物語

「色の魔術師」として知られるエリック・カールですが、その出発にはドイツで過ごした青少年時代、フランツ・マルクやアンリ・マティスによる強い色彩との出会いがありました。カールの作家としての人生を、マルク、パウル・クレー、マティスらの影響、絵本作家レオ・レオニとの交流とともに振り返ります。また、立体作品や舞台美術など絵本を超えた創作活動に加え、カールが愛してやまない日本との繋がりをいわむらかずおとの共作絵本によって紹介します。

開催場所

世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2)

休館日

毎週月曜日 ※ただし平成29年5月1日(月曜日)は開館

観覧料

当日券 前売券/団体券
一般 1,200円      1,000円
65歳以上

1,000円

   800円

大学生・高校生  800円    600円
中学生・小学生  500円    300円

(補足)   

  • 企画チケットについては、チラシをご参照ください。(※グッズ付きチケットは、売り切れの場合がございます。)
  • 前売券は平成29年4月21日(金曜日)まで販売。
  • 未就学児は無料。団体料金は20名以上の場合に適用。 
  • 障害者の方は500円(団体300円)。小・中・高・大学生の障害者の方は無料 (介助の方は当該障害者1名につき1名まで無料)
    ※証明書などをご提示ください。 
  • リピーター割引:会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。

主催

 世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、エリック・カール絵本美術館、読売新聞社

後援

世田谷区、世田谷区教育委員会

協賛

大日本印刷

協力

日本航空、偕成社、コスモマーチャンダイズィング

【関連企画】

開催記念講演会「エリック・カール~その人生と受け継がれていくもの~」(仮)

【日時】 平成29年4月23日(日曜日)午後2時から午後4時(開場は午後1時30分)

【会場】 世田谷美術館講堂

【講師】 アレクサンドラ・ケネディ(エリック・カール絵本美術館 館長)

【定員】 140名(当日先着順。午後1時からエントランス・ホールにて整理券を配布)

【参加費】 無料

【補足】 日本語および手話の通訳付

おはなし会「みて きく エリック・カール えほんの せかい」

よみきかせを日本語や英語で行います。

【日時】 平成29年4月27日(木曜日)、5月13日(土曜日)、5月25日(木曜日)、6月3日(土曜日)

     各日とも午前11時から午後11時30分(午前10時40分受付開始)※木曜日は未就学児向け、土曜日は小学校低学年向け。

【会場】 世田谷美術館講堂

【出演】 世田谷おはなしネットワーク

【定員】 各回60名程度(当日先着順)

【参加費】 無料(ただし小学生以上は展覧会観覧券が必要です)

おはなしコンサート「カールさんの おたんじょうび」

エリック・カールの絵本のキャラクターたちが、カールさんのお誕生日を祝う相談をする、楽しいおはなしと歌の会です。

【日時】 平成29年6月10日(土曜日)午後2時30分開演

【会場】 世田谷美術館講堂

【出演】 ハーナ(おはなし屋さん主催)ほか、スペシャルゲスト・新沢としひこ(シンガーソングライター)

【定員】 抽選60組(事前申込制。子ども・大人各1名で1組)

【参加費】 1組2,000円(追加は、子ども1名500円、大人1名1,000円)

100円ワークショップ

どなたでも、その場で気軽に工作などをお楽しみいただけます。

【日時】 会期中の毎土曜日 午後1時から午後3時

【会場】 世田谷美術館地下創作室

【参加方法】時間中随時受付

【対象】 どなたでも

【参加費】 1回100円

美術と音楽の対話「音が見える!? ちょうちょと魔笛」

エリック・カールの絵本『うたがみえる、きこえるよ』にちなみ、室内楽コンサートと、ワインと軽食を楽しむ歓談の2部制で構成される大人向けイベントです。

【日時】 平成29年5月28日(日曜日)

     第1部 午後4時から午後6時(午後3時30分開場) 会場:世田谷美術館講堂

     第2部 午後6時から午後7時30分 会場:世田谷美術館内レストラン「ル・ジャルダン」

【出演】 酒井有彩(Pf)、枝並千花(Vn)、大山平一郎(Va)、加藤文枝(Vc)

【定員】 〔A〕第1部のみ(100名)〔B〕第1部+第2部(50名) ※いずれも未就学児は参加不可。〔B〕は中学生以下の参加不可。

【参加費】 〔A〕3,000円(事前申込の場合。当日参加は3,500円)〔B〕6,000円(事前申込のみ)

【補足】いずれも展覧会観覧券付。〔A〕は小中学生無料ですが、展覧会観覧券は付きません。

美術と演劇のワークショップ「えんげきのえ」

展示作品を見ながら、演劇の初めの一歩を踏み出すシリーズ。美術と演劇どちらの初心者も大歓迎。

【日時】 平成29年6月18日(日曜日)午後1時から午後6時

【会場】 世田谷美術館地下創作室、1階展示室

【講師】 柏木陽(NPO法人演劇百貨店代表)

【定員】 10歳以上15名(事前申込先着順)

【参加費】10代500円、20歳以上2,000円

同時開催

 世田谷美術館ミュージアムコレクション1「それぞれのふたり 淀井彩子と淀井敏夫」

  平成29年4月18日(火曜日)から平成29年7月2日(日曜日)

世田谷美術館 アートライブラリーのご案内

当館2階には、自由にご覧いただける美術の専門図書室があります。展覧会で気になる作家や作品がありましたら、お気軽にお立ち寄りください。関連資料を取り揃えてお待ちしています。

(補足)詳細は世田谷美術館にお問い合わせいただくか、リンク先ホームページをご覧ください。

お知らせ

  • 乳幼児休憩室(会期中限定):2階講義室がご利用いただけます。(午前10時から午後6時)
  • 世田谷美術館は改修工事のため、平成29年7月3日(月曜日)より平成30年1月12日(金曜日)まで休館いたします。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷美術館

電話番号03-3415-6011

ファクシミリ03-3415-6413

このページは、文化・芸術振興課が作成しました。
電話 03-5432-2124

トップページへ戻る

このページのトップへ