こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷区立郷土資料館季節展「ボロ市の歴史」を開催しています。

更新日:平成29年11月24日

ページ番号:0121551

イベント名世田谷区立郷土資料館季節展「ボロ市の歴史」
日程平成29年12月12日(火曜日)から平成30月1月28日(日曜日)まで開催します。
期間中の休館日  毎週月曜日(1月15日は開館)、祝日(1月9日も休館)、年末年始(12月29日から1月3日)
時間午前9時から午後5時まで(ボロ市開催日は、ボロ市終了時間の午後8時まで開館時間を延長します。)
会場世田谷区立郷土資料館

 27ボロ市の歴史ポスター

内容

毎年12月と1月の15・16日に、世田谷代官屋敷前のボロ市通りを中心に「世田谷のボロ市」が開催されます。

「世田谷のボロ市」 は、天正6(1578)年の小田原城主北条氏政の「楽市掟書(らくいちおきてがき)」により始まったとされる 430年以上にわたる歴史を誇る伝統の市で、東京都の無形民俗文化財に指定されています。

今も毎年、約700店の露店が出店し、1日20万人の人出で賑わいます。

郷土資料館では季節展「ボロ市の歴史」を開催し、「楽市掟書」の実物資料など、ボロ市に関する資料を多数展示し、ボロ市の歴史を紹介ます。展示会場では昭和62年に当館が作成したビデオ「ボロ市のあゆみ」を上映します。「ボロ市のあゆみ」は新館1階のビデオブースでも、ご覧いただくことができます。

開催期間中は「楽市掟書」のほかに、世田谷城主吉良氏朝に嫁ぐ、北条氏康の娘・鶴松院に後北条氏の長老であった北条幻庵が書き与えた 「北条幻庵覚書」(永禄年間)や「豊臣秀吉の禁制」(天正18年)の実物資料も公開します。

 

  • 今回から展示する新資料 鍬形蕙斎筆『今様職人尽歌合』 文政八年(1825)刊 今様職人尽歌合

「此がふしども塗つくろハむよりハせたがいの市にもてゆかバや」

(この椀、塗り繕うよりは世田谷の市に持って行こう。)

 

※ミニ展示「世田谷 ゆかりの近世画人~井伊家の画人・佐竹永海」を同時開催します。

 

 

 

 

資料館入り口
(資料館入口)
ボロ市の歴史展示
(展示室)
季節展ボロ市の歴史展示
(展示室)
 
展示品2
(実物資料の展示)
展示品
(百年前の販売品の展示)
展示品3
(文学作品の展示)
 

昭和30年代のボロ市の写真

ボロ市写真1
(代官屋敷表門)
ボロ市通り
(ボロ市通り)
ボロ市群衆
(ボロ市の賑わい)

 

平成25年12月のボロ市写真 

平成25年ボロ市の様子
(会場)
ボロ市風景
(くす玉割り)
ボロ市風景
(露店)

ボロ市風景
(露店)
ボロ市風景
(露店)
平成25年ボロ市夜景
(夜景)

入館料

無料

「ボロ市の歴史」を販売しています。 

ボロ市の歴史
(ボロ市の歴史)

世田谷のボロ市の歴史を解説した冊子「ボロ市の歴史」を販売しています。

(B5版16ページ 154円) 

 

 

 

 

 

  

世田谷区立郷土資料館の交通案内

東急世田谷線「上町」駅、東急・小田急バス「上町」バス停 下車徒歩約5分(上町駅に近隣案内図があります)

    所在地=世田谷区世田谷1-29-18(ボロ市通り世田谷(大場)代官屋敷敷地内)

    添付ファイル交通案内および最寄り駅(上町駅)から郷土資料館へのご案内をご参照ください。

※12月14日~16日及び1月14日~16日は、代官屋敷駐車場は使用できません。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

郷土資料館

電話番号03-3429-4237

ファクシミリ03-3429-4925

トップページへ戻る

このページのトップへ